【入門おすすめ5曲】オジー・オズボーン、愛すべきメタル帝王

オジーを聴けばメタルの源流に辿り着く!

ハッピーバースデー!オジー!昨日、12月3日に72歳になったオジー・オズボーン(以下、オジー)。

ユーモアで愛嬌たっぷりのお茶目なその人柄から、思わず「オジー!」なんてファンは気軽に呼んじゃいますが、オジーはロック界を代表する偉大なアーティストなんです。

ざっと、まとめます。
行きましょう!

オジーが偉大である理由。ヘヴィメタルの創造主だから

オジーは70年代、ロック音楽に悪魔的なダークでヘビーな世界観を持ち込んで、まったく新しい音楽「ヘビーメタル」を創った人なんです。

つまり、”ヘビーメタルの創造神”。すごい人なんだぁぁぁ。

オジーが組んだ最初のバンド「ブラックサバス」は熱狂的な人気となり、セールス面でも大きな成功をおさめます。

BLACK SABBATH – War Pigs

BLACK SABBATH – "War Pigs" (Live Video)

しかし、、、オジーは、お酒と薬におぼれてしまい、脱退。
1979年、追われるようにソロアーティストの道を歩み始めます。

失意のオジーに、天使のようなギタリストが舞い降ります

ランディ・ローズです。

クラシック音楽をしっかり学んだランディ・ローズのギターは、オジーの歌と強烈な化学反応を起こし、歴史的名盤となる2枚のアルバムを生み出します!。

OZZY OSBOURNE – I Don’t Know

OZZY OSBOURNE – "I Don't Know" 1981 (Live Video)

OZZY OSBOURNE – Mr. Crowley

OZZY OSBOURNE – "Mr. Crowley" 1981 (Live Video)

しかし、順風満帆だったオジーバンドは突然悲劇に襲われます。
1982年3月19日、ランディー・ローズは飛行機事故に遭い、亡くなってしまいます

歴史的名盤「BLIZZARD OF OZZ」「DIARY OF A MADMAN」の2枚。
オジーがその長いキャリアの中で一番輝いていた時期です。

メタルファンなら、いや、ロックファンなら必聴の傑作です!超PUSH!

オジーはその後も、無名のギタリストを発掘してヒーローに育てながら、キャリアを順調に重ねます。

ランディのあとのキャリアを振り返ります。

ランディの後を継いだ ギタリスト ジェイク・E・リー(日本人のハーフ!)。流麗で爆発力のあるギターが魅力

OZZY OSBOURNE – Lightning Strikes

OZZY OSBOURNE – "Lightning Strikes" (Official Video)

 

ジェイクの後を継いだギタリスト ザック・ワイルド。野性的な突進力あふれるギターが魅力です

OZZY OSBOURNE – Miracle Man

OZZY OSBOURNE – "Miracle Man" (Official Video)

いかがでしたか。

オジーは72歳と御高齢ですし、日本でラストライブなんてもはや夢また夢なんですが、
もし来日する機会があれば、ぜひライブに出かけたいです。

3回目の「さよならツアー」、絶対参加したいです!(笑)。
※注. オジーは過去2度引退宣言をしてさよならツアーを行い、その後撤回しているお茶目さんです。

また会いましょう。

 

ディオ、ヘヴィメタル界のゴッドファーザーが率いたソロバンド。様式美ハードロックの完成形
80年代に輝いた様式美とアメリカンハードロックの見事な融合、DIO。意外と知られていない名盤・名曲のご紹介。

 

 

タイトルとURLをコピーしました