【名盤】世界で一番売れた洋楽アルバム 歴代売上ランキング TOP30(全部動画付き)ビギナー歓迎!

こんにちは!管理人のし〜です。

今日は、「世界で一番売れた洋楽アルバム 歴代ランキング TOP30」をまとめます

ポップスからロック、映画のサントラに至るまで、あらゆるジャンルの洋楽アルバムのなかで、世界中でもっとも売れた洋楽アルバムの上位30位をご紹介していきます。

新しい音楽の出会いになれば嬉しいです。

では、行きましょう!

※★は管理人からのおすすめ曲です!検索のご参考になれば♪

  1. 30位 ニルヴァーナ「ネヴァーマインド」3000万枚(1991年)
  2. 29位 ダイアー・ストレイツ「ブラザーズ・イン・アームス」3000万枚 (1985年)
  3. 28位 映画 サウンドトラック「タイタニック」3000万枚(1997年)
  4. 27位 ピンク・フロイド「ザ・ウォール」3000万枚(1979年)
  5. 26位 ブルース・スプリングスティーン 「ボーン・イン・ザ・USA」3000万枚 (1984年)
  6. 25位 アバ 「ゴールド: グレイテスト・ヒッツ」3000万枚 (1992年)
  7. 24位 ビートルズ「アビイ・ロード」3000万枚(1969年)
  8. 23位 ビートルズ「1」3100万枚(2000年)
  9. 22位 メタリカ「メタリカ」3100万枚(1991年)
  10. 21位 セリーヌ・ディオン 「レッツ・トーク・アバウト・ラブ」3100万枚 (1997年)
  11. 20位 マドンナ 「ウルトラ・マドンナ~グレイテスト・ヒッツ」3100万枚 (1990年)
  12. 19位 アデル 「21」3100万枚 (2011年)
  13. 18位 映画 サウンドトラック「ダーディ・ダンシング」3200万枚 (1987年)
  14. 17位 ビートルズ「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」3200万枚(1967年)
  15. 16位 イーグルス「ホテル・カリフォルニア」3200万枚(1976年)
  16. 15位 セリーヌ・ディオン「フォーリング・イントュ・ユー」3200万枚 (1996年)
  17. 14位 マイケル・ジャクソン「デンジャラス」3200万枚 (1991年)
  18. 13位 アラニス・モリセット「ジャグド・リトル・ピル」3300万枚(1995年)
  19. 12位 マイケル・ジャクソン「バッド」3500万枚 (1987年)
  20. 11位 レッド・ツェッペリン「IV」3700万枚(1971年)
  21. 10位 映画 サウンドトラック「グリース」3800万枚 (1978年)
  22. 9位 シャナイア・トゥエイン「カム・オン・オーバー」4000万枚 (1997年)
  23. 8位 フリートウッド・マック「噂」4000万枚(1977年)
  24. 7位 映画 サウンドトラック「サタデー・ナイト・フィーバー」4000万枚 (1977年)
  25. 6位 イーグルス「グレイテストヒッツ(1971-1975)」4200万枚 (1976年)
  26. 5位 映画 サウンドトラック「ボディ・ガード」4500万枚 (1992年)
  27. 4位 ピンク・フロイド 「狂気」4500万枚(1973年)
  28. 3位 ミートローフ「地獄のロックライダー」5000万枚 (1977年)
  29. 2位 AC/DC 「バック・イン・ブラック」5000万枚(1980年)
  30. 1位 マイケル・ジャクソン「スリラー」7000万枚 (1982年)

30位 ニルヴァーナ「ネヴァーマインド」3000万枚(1991年)

Nirvana  - Nevermind

ロックの時代を変えた一枚。80年代のきらびやかなロックシーンに「NO」を突きつけた”ヤケクソなパンクロック”の名盤です。のちにそのスタイルはグランジと命名され、ロックシーンを破壊的に再構築することになる衝撃的なアルバムです。

Nirvana – Nevermind
Smells Like Teen Spirit
In Bloom ★
Come as You Are ★
Breed
Lithium
Polly
Territorial Pissings
Drain You
Lounge Act ★
Stay Away
On a Plain ★
Something in the Way
Endless, Nameless

Nirvana  logo
Embed from Getty Images
Kurt Cobain – Vo, Gui
Krist Novoselic – Ba
Dave Grohl – Dr

破天荒なカリスマ、カート・コバーンがギター兼ボーカルを務める米国出身の3人組のパンクロックバンド。 シアトル出身。本作「ネヴァーマインド」はメジャーデビューとなったセカンドアルバムです。ノイジーなギターと悲痛な叫びのようなボーカルは聴く人の心をワシづかみにします。歌詞は、陰鬱で詩的で難解なものが多い一方、メロディは普遍的。ポップで聴きやすい。カートは、音楽活動だけでなく、ファッション・スタイル、言動、私生活に至るまで注目を集め、ロックアイコンとしてもてはやされました。カート本人はその商業的成功に大いに苦しみ、94年に27歳の若さで自殺。バンドはそのまま解散してしまいます。

Nirvana – Smells Like Teen Spirit (Official Music Video)

【90年代】グランジ、カート・コバーンの革命
グランジ(Grunge)とは本来、”ボロボロ”とか”汚い”という意味の言葉。それがロックジャンルの名前? どういうことなんでしょう。きらびやかなLAメタルに若者がリアルを感じなくなっていたロックシーンに突如現れた無愛想なボロボロオトコ、カートコバーン 。彼が率いるバンド「ニルヴァーナ」はきれいごとを抜きにしたリアルを強烈にぶつけて注目を集め、台風の目になっていきます。

29位 ダイアー・ストレイツ「ブラザーズ・イン・アームス」3000万枚 (1985年)

Dire Straits - Brothers In Arms

MTVを批判した曲がMTVでヘビーローテーションで大ヒット。1980年代、時代はアナログからデジタルへ。世界初フルデジタル録音の高音質で人気を博したポップロックです

Dire Straits – Brothers In Arms
So Far Away
Money for Nothing ★
Walk of Life
Your Latest Trick
Why Worry
Ride Across the River
The Man’s Too Strong
One World
Brothers in Arms ★

Dire Straits logo
Embed from Getty Images
Mark Knopfler – VoGui
John Illsley – Ba
Alan Clark – Key
Guy Fletcher – Key、Vo
Omar Hakim – Dr
Terry Williams – Dr

マーク・ノップラー率いる英国のロックバンド。1976年結成。バンド名は「絶体絶命」の意味だとか。当時、売れない時期が長く、もう年齢的に後がないとの気持ちから命名。デビュー後は順風満帆。ボブ・ディランはじめ様々なアーティストが高く評価。5作目の本作。世界初のフルデジタル方式で高音質に録音。時代はレコードからCDへの転換期。本作の新しいサウンドを体験するためにCDプレイヤーを買うファンも続出します。シングル「Money for Nothing」はMVが当時まだ珍しい立体CG映像。新しい音楽と新しい映像の体験にMTVのヘビロが加わり、アルバムも大ヒット。この曲はスティングの参加も話題になりました。

Dire Straits – Money For Nothing

28位 映画 サウンドトラック「タイタニック」3000万枚(1997年)

1997年に公開されたジェームズ・キャメロン監督による大作映画のサントラアルバム。「主題歌賞」「音楽賞」を含むアカデミー賞11部門を受賞。セリーヌ・ディオンが歌う主題歌「My Heart will Go On」が収録されています。

Original Soundtrack – Titanic
Never an Absolution
Distant Memories
Southampton ★
Rose ★
Leaving Port
Take Her to Sea, Mr. Murdoch
Hard to Starboard
Unable to Stay, Unwilling to Leave
The Sinking
Death of Titanic
A Promise Kept
A Life So Changed
An Ocean of Memories
My Heart Will Go On ★
Hymn to the Sea

James Horner – Composer
Celine Dion – Vo

ジェームズ・キャメロン監督は当初、映画音楽をアイルランド出身のエンヤの起用を想定していましたが、彼女に断られたため、白羽の矢を立てたのがジェームズ・ホーナー。ホーナーがすべての曲を作曲し、映画「タイタニック」には素晴らしい”主題歌”が必要だと感じるようになります。キャメロン監督は「歌」を嫌がりましたが、ホーナーは主人公女性のテーマ曲「Rose」に歌を付けた「My Heart will Go On」を作曲し、セリーヌ・ディオンに依頼してキャメロン監督に聞かせたところ態度を一変。結果的に、主題歌「My Heart will Go On」の大ヒットが本作を牽引し、”オーケストラ映画音楽の歴代1位”のアルバムとなりました。

Titanic – My Heart Will Go On (Music Video)

27位 ピンク・フロイド「ザ・ウォール」3000万枚(1979年)

Pink Floyd - The Wall

2枚組で紡ぐ壮大なコンセプト・ロックオペラ。世界でもっとも売れた2枚組アルバムです。

Pink Floyd – The Wall
In the Flesh?
The Thin Ice
Another Brick in the Wall, Part 1 ★
The Happiest Days of Our Lives
Another Brick in the Wall, Part 2  ★
Mother
Goodbye Blue Sky
Empty Spaces
Young Lust
One of My Turns
Don’t Leave Me Now
Another Brick in the Wall, Part 3
Goodbye Cruel World
Hey You
Is There Anybody Out There?
Nobody Home
Vera
Bring the Boys Back Home
Comfortably Numb
The Show Must Go On
In the Flesh
Run Like Hell
Waiting for the Worms
Stop
The Trial
Outside the Wall
Pink Floyd logo

Embed from Getty Images
Roger Waters – Vo、Ba
David Gilmour – Vo、Gui
Nick Mason – Dr
Richard Wright – Key、Piano

ピンク・フロイドのなかでも、アルバム「狂気」と並ぶ傑作とされます。ロジャー・ウォーターズがほぼ1人で、企画・作曲・作詞をこなし、ロジャーが自らを投影した主人公と物語で構成されています。戦争で父親をなくした少年ピンクが、ロックスターとして成功しながらも、ドラッグに溺れて精神を病んでしまうストーリー。そこにはバンドの初期を牽引したリーダー、シド・バレットの姿が投影されています。ピンク・フロイドとしてはメロディが明快で聴きやすく、本作は米欧でメガヒットとなりバンドは頂点を迎えますが、その後バンドは崩壊に向かいます。

Pink Floyd – Another Brick In The Wall (HQ)

26位 ブルース・スプリングスティーン 「ボーン・イン・ザ・USA」3000万枚 (1984年)

Bruce Springsteen - Born In The U.S.A.

貧しいベトナム帰還兵の苦悩を歌った表題曲が米国社会の闇を暴き出す。”愛国アルバム”と誤解されることもある名盤です。

Bruce Springsteen – Born In The U.S.A.
Born In The U.S.A.
Cover Me
Darlington County
Working On The Highway
Downbound Train
I’m On Fire
No Surrender
Bobby Jean
I’m Goin’ Down
Glory Days
Dancing In The Dark
My Hometown


Embed from Getty Images
Bruce Springsteen – Vo、Gui

米国出身のロックアーティスト。貧しい若者や労働者の悲哀を母国アメリカへの想いを込めて歌にします。時には、米国政府、米国そのものへの問題提起も。社会的メッセージソングである表題曲が大きな注目を集めます。一方、若者の自由な青春を描いた軽快な賛歌「No Surrender」や、1人前になかなかなれない若者の苦悩を歌った「Dancing In The Dark」など、軽快な曲も収録されています。ブルースは本作の大ヒットのあと、アフリカ飢餓のチャリティプロジェクト「USA For Africa」や反アパルトヘイドプロジェクト「Sun City」に参加して話題になりました。

Bruce Springsteen – Born in the U.S.A. (Official Video)

24位 ビートルズ「アビイ・ロード」3000万枚(1969年)

The Beatles - Abby Road

ビートルズの”実質的”ラストアルバム。4人が到達した究極のアンサンブル。

The Beatles – Abby Road
Come Together ★
Something ★
Maxwell’s Silver Hammer
Oh! Darling ★
Octopus’s Garden
I Want You (She’s So Heavy)
Here Comes the Sun ★
Because
You Never Give Me Your Money
Sun King
Mean Mr. Mustard
Polythene Pam
She Came in through the Bathroom Window
Golden Slumbers ★
Carry That Weight
The End
Her Majesty


Embed from Getty Images
Paul McCartney – Vo、Ba
John Lennon – Vo、Gui
George Harrison – Gui
Ringo Starr – Dr

ビートルズは英国出身の世界的ロックバンド。バンド最後のスタジオ録音アルバムです。バラエティ豊かな名曲が並ぶA面は、「Come Together」「Something」「Here Come The Sun」とラストアルバムにバンドを代表する曲が並びます。8曲15分間のメドレーで「The End」で締めくくる圧巻のB面バンドのフィナーレを飾る壮大な「組曲」。発売当時、賛否が分かれましたが、現在では、ロック史屈指の名盤として深く愛されているアルバムです。

The Beatles – Something

23位 ビートルズ「1」3100万枚(2000年)

The Beatles - 1

解散から30年を記念してリリースされたベストアルバム。米英で1位を獲得したシングル曲全27曲を網羅したスーパーヒットパレード!

The Beatles – 1 ★は全曲
Love Me Do
From Me to You
She Loves You
I Want to Hold Your Hand
Can’t Buy Me Love
A Hard Day’s Night
I Feel Fine
Eight Days a Week
Ticket to Ride
Help!
Yesterday
Day Tripper
We Can Work It Out
Paperback Writer
Yellow Submarine
Eleanor Rigby
Penny Lane
All You Need Is Love
Hello, Goodbye
Lady Madonna
Hey Jude
Get Back
The Ballad of John and Yoko
Something
Come Together
Let It Be
The Long and Winding Road


Embed from Getty Images
Paul McCartney – Vo、Ba
John Lennon – Vo、Gui
George Harrison – Gui
Ringo Starr – Dr

ビートルズは1960年代から70年代に活動した英国出身のロックバンド。その8年の活動の軌跡をNo.1ヒット曲で振り返る企画盤。もしあなたがビートルズのアルバムを1枚も持っていないなら本作がオススメ。「一家に一枚」なアルバム。プレスリーのようなシンプルな50年代ロックンロール曲が多い初期。ビーチボーイズのようなポップさに背を向けて、実験的なサウンドに挑戦した中期。幻想世界への憧れが表れたサイケデリックな後期。ビートルズ の音楽の変遷を1枚で振り返ることができる超強力なベストアルバムです。

The Beatles – Hello, Goodbye

22位 メタリカ「メタリカ」3100万枚(1991年)

Metallica - Metallica Black Album

バンド5作目のアルバム。それまでのダークな大作主義から、ストレートでグルーヴ重視な音楽性が大きく変化。戦略は見事に当たり、マニアックなスラッシュメタルの雄から、メジャーなロックバンドに変貌。コンパクトで聴きやすくはなったものの、メタリカならではのエッジは残っていて、ヘヴィメタルの入門アルバムとして最適です

Metallica – Metallica
Enter Sandman ★
Sad but True ★
Holier than Thou ★
The Unforgiven
Wherever I May Roam ★
Don’t Tread on Me
Through the Never
Nothing Else Matters
Of Wolf and Man ★
The God That Failed
My Friend of Misery
The Struggle Within


Embed from Getty Images
James Hetfield – Vo, Gui
Lars Ulrich – Dr
Kirk Hammett – Gui
Jason Newsted – Ba

米国LA出身。最も成功したヘヴィメタルバンド。80年代当時、きらびやかなLAメタルへの反動として登場した攻撃的なメタル「スラッシュメタル」の筆頭として人気を博す。ザクザクと刻むギターが高速で疾走するスラッシュメタルは、地下シーンの若者たちに支持を広げました。80年代初頭の英国ヘヴィメタルとハードコアを融合させたデビューアルバムから、凄みとスケール感をアルバムごとに進化させ、3作目「メタルマスター」こそが最高傑作!と推す声はコアファンに多い。一方、本作は王道なヘヴィメタルアルバムとして幅広いロックファンへのアピールに成功しました

Metallica: Enter Sandman (Official Music Video)

21位 セリーヌ・ディオン 「レッツ・トーク・アバウト・ラブ」3100万枚 (1997年)

Celine Dion - Let's Talk About Love

カナダ出身の世界的な”歌姫“セリーヌ・ディオンの通算23作目、英語盤では5作目のアルバム(母国語のフランス語盤が多いため)。97年公開の大作映画「タイタニック」のテーマ曲「My Heart Will Go On」の記録的なヒットによって本作はセールスを伸ばしました。

Celine Dion – Let’s Talk About Love
The Reason
Immortality
Treat Her Like a Lady
Why Oh Why
Love Is on the Way
Tell Him
Amar Haciendo el Amor
When I Need You
Miles to Go (Before I Sleep)
Us
Just a Little Bit of Love
My Heart Will Go On ★
Where Is the Love
Be the Man
I Hate You Then I Love You
Let’s Talk About Love ★
Celine Dion – Vo

セリーヌ・ディオンは、その圧倒的な声量と卓越した技術で、女性トップシンガーとして常に注目を集めてきました「My Heart Will Go On」は、大ヒット映画「タイタニック」の主題歌として世界中の国でチャートイン。アルバムはその年のアカデミー賞やグラミー賞などさまざまな賞を受賞し、セリーヌ・ディオンの代表作となりました。

豪華なアーティストたちの参加も話題で、キャロル・キング、ビージーズから楽曲を提供されたり、バーバラ・ストライザント、ブライアン・アダムスとの共演など聴きどころ満載です。また、収録曲16曲中6曲を占めるカバー曲は、セリーヌの歌声によって新しい息吹が吹き込まれています。

Titanic – My Heart Will Go On (Music Video)

20位 マドンナ 「ウルトラ・マドンナ~グレイテスト・ヒッツ」3100万枚 (1990年)

Madonna - The Immaculate Collection

「クイーン・オブ・ポップ」と称される米国出身のアーティスト。本作は「Holiday」「Like a Virgin」「Open Your Heart」など、1983年のデビューからはじまる80年代の珠玉のヒット曲17曲を網羅したベスト盤です。マドンナ最大のヒット作であり、世界各国で今なお売れ続けているロングセラーアルバムです。

Madonna – The Immaculate Collection
Holiday
Lucky Star
Borderline
Like a Virgin ★
Material Girl ★
Crazy for You
Into the Groove
Live to Tell
Papa Don’t Preach
Open Your Heart ★
La Isla Bonita
Like a Prayer ★
Express Yourself
Cherish
Vogue
Justify My Love
Rescue Me
Madonna – Vo

アルバムタイトルの由来は、”Immaculate Conception(マリアだけは原罪から免れて潔白であるとのキリスト教の考え方)”を模したもので、マドンナは自身を”聖母マリア”になぞらえてアルバムタイトルをつけました(マドンナは「Like a Prayer」のように宗教的テーマも扱ってきましたね)。

本作には15曲のヒット曲に加え、当時の新曲2曲で構成。80年代のキュートなマドンナを振り返ることができます。しかしここで要注意。80年代のマドンナはレコーディングの際、まだ自分の意見を通せる立場ではなかったため、マドンナにとって不本意なアレンジのままで曲がリリース。そこで本作では、15曲の既発曲をマドンナが当時本当にやりたかったカタチへの再アレンジを施しており、ベスト盤でありながら原曲そのままのものは無いという珍しいベスト盤です(ファンにも賛否あります)。

Madonna – Like A Virgin (Official Video)

19位 アデル 「21」3100万枚 (2011年)

Adele - 21

英国出身のシンガーソングライター。1988年生まれ。存在感があるハスキーな歌声と、自身の恋愛経験で感じた気持ちを率直に歌った曲が人気。「21」はアデルが21歳のときに制作した2ndアルバム。世界20か国以上で1位を獲得し大ヒット。グラミー賞では主要部門を含む6部門を受賞しました。この記事のランキングではもっとも若いアーティストです。

Adele – 21
Rolling in the Deep ★
Rumour Has It ★
Turning Tables
Don’t You Remember
Set Fire to the Rain ★
He Won’t Go
Take It All
I’ll Be Waiting
One and Only
Lovesong ★
Someone like You

Embed from Getty Images
Adele – Vo

アデルは、英国BBCの人気投票番組で「期待の新人」として取り上げられると一気に注目を集め、2008年に19歳でリリースしたデビューアルバム「19」が米英で大ヒット。グラミー賞新人賞を受賞します。

2年後の本作「21」はさらに勢いを増し、驚異的な大ヒットになりました。「21」は別れをテーマにしたアルバムで、20歳のアデル自身の失恋がインスピレーションになりました。女性としての苦悩や葛藤が、歌の表現に深みをもたらしました。「Lovesong」は英国のロックバンド ザ・キュアーのカバーです。

Adele – Rolling in the Deep (Official Music Video)

18位 映画 サウンドトラック「ダーディ・ダンシング」3200万枚 (1987年)

Dirty Dancing

「ダーディ・ダンシング」は1987年に公開、大ヒットした青春恋愛映画。10代の女の子が夏休みにダンスインストラクターと恋に落ちる物語です。本作はそのサントラアルバム。ちなみに「ダーティ・ダンシング」とは、劇中のシークレットパーティで踊られるラテン系のダンス「マンボ」のことを意味しています。

Original Soundtrack – Dirty Dancing
Be My Baby
Big Girls Don’t Cry
Where Are You Tonight?
Do You Love Me
Love Man
Stay
Hungry Eyes ★
Overload
Hey! Baby
De Todo Un Poco
Some Kind of Wonderful
These Arms of Mine
Cry to Me” – Solomon Burke
Will You Love Me Tomorrow
Love Is Strange
You Don’t Own Me
Yes
In the Still of the Night
She’s Like the Wind ★
(I’ve Had) The Time of My Life ★
本作は、劇中で流れる195060年代のヒット曲と、本作オリジナルの曲が収録され、4曲がシングルカットされました。特に「The Time of My Life」は映画史上もっとも印象的なダンスシーンと評価されるラストシーンの曲として大ヒット。ほかにも、ラスベリーズのVo.エリック・カルメンが歌う「Hungy Eyes」や、主演のパトリック・スウィエジが歌う「She’s Like the Wind」も全米チャートにランクイン。サントラアルバムとしては異例のロングランヒットになりました。

Dirty Dancing – Time of my Life (Final Dance) – High Quality

17位 ビートルズ「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」3200万枚(1967年)

The Beatles - Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band

ロック史上最高傑作と評される理由は “ロック史上初のコンセプトアルバム”。架空のブラスバンドが繰り広げるサイケデリックコンサートの魅惑の世界へようこそ。

The Beatles – Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band
Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band ★
With A Little Help From My Friends
Lucy In The Sky With Diamonds ★
Getting Better
Fixing A Hole
She’s Leaving Home
Being For The Benefit Of Mr. Kite!
Within You Without You
When I’m Sixty-Four
Lovely Rita
Good Morning Good Morning
Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
A Day In The Life ★


Embed from Getty Images
Paul McCartney – Vo、Ba
John Lennon – Vo、Gui
George Harrison – Gui
Ringo Starr – Dr

全12枚のアルバムのうち本作は8thアルバム。当時、ジョージがインドの楽器シタールにハマったり、ジョンが神秘世界に夢中になったりと、バンド全体がカラフルな幻想的な世界観に傾倒。ツアー活動をやめ、アルバム制作に没頭。スタジオ技術の飛躍的な進化によって何度も録音することが可能となり、幾重にも重なったサウンドづくりに挑戦。ポールが閃いた「アルバム全体を架空のストーリーに見立てて構成をつくる」というアイデアは当時世界初。同年にグラミー賞の最優秀作品賞を受賞。ロックアルバムとしては初めての快挙。多彩な楽器、ストーリーを演出する効果音など、聴くたびに新しい発見があります。名盤!

Lucy In The Sky With Diamonds (Remastered 2009)

16位 イーグルス「ホテル・カリフォルニア」3200万枚(1976年)

西海岸ロックサウンドで人気を博していたイーグルスが、ハードロックやレゲエなど、多彩な音楽を取り入れた意欲作にして名盤。表題曲は世界遺産級のロックスタンダード!

Eagles – Hotel California
Hotel California ★
New Kid in Town
Life in the Fast Lane
Wasted Time ★
Wasted Time (Reprise)
Victim of Love
Pretty Maids All in a Row
Try and Love Again
The Last Resort


Embed from Getty Images
Glenn Frey – Gui、Vo、Piano
Don Henley – Dr、Vo
Randy Meisner – Ba
Don Felder – Gui
Joe Walsh – Gui

1976年にリリースされた5thアルバム。ギタリストの交代によって、カントリー色が後退し、ハードロック色が前面に。哀愁漂う歌メロ、ハーモニーが美しいツインギター、印象的なコーラスワークが魅力的です。ロックナンバーからバラードまで、超有名タイトル曲以外も捨て曲なし。当時米国はベトナム戦争終戦の翌年で、本作にもその影があり、若者の喪失感や商業至上主義への反発など、歌詞が意味深な曲や、はかなく物憂げな楽曲が多めです。タイトル曲は架空のホテルの物語。主人公がドライブの途中で立ち寄ったホテルで、快楽主義的に過ごす滞在客たちと過ごして抜け出せなくなるストーリー。歌詞の分析・解釈についても様々な憶測が飛び交って話題になりました。

Eagles — Hotel California Live Video HQ

15位 セリーヌ・ディオン「フォーリング・イントュ・ユー」3200万枚 (1996年)

Celine Dion - Falling Into You

セリーヌ・ディオンの4作目の英語版アルバム(通算では21作目)。グラミー賞最優秀アルバム賞、最優秀ポップボーカル賞など世界中の賞を獲得し、このアルバムで人気に火がついたセリーヌは同じ1996年の夏、米国アトランタ五輪の開会式で、10万人以上の観客とTV視聴者35億人の前で圧巻のパフォーマンスを披露しました。

Celine Dion – Falling Into You
It’s All Coming Back to Me Now
Because You Loved Me
Falling into You ★
Make You Happy
Seduces Me
All by Myself ★
Declaration of Love
Dreamin’ of You
I Love You
If That’s What It Takes
I Don’t Know
River Deep, Mountain High
Call the Man
Fly
Your Light*
To Love You More* ★


Embed from Getty Images
Celine Dion – Vo

オープニングを飾る「It’s All Coming Back to Me Now」は、セリーヌの艶やかな歌声が堪能でき、力強くも繊細な表現が素晴らしい名曲です。一方、タイトルトラックの「Falling into You」では終始ぐっと抑えた声量で、メランコリックな世界を創り出しています。代表曲「All by Myself」は本作のハイライト。セリーヌが全身のエネルギーを解放するような圧倒的な歌声で聴き手の魂を揺さぶります。楽曲ごとに異なるプロデューサが担当していて、セリーヌの多彩な魅力が曲それぞれに込められています。日本版にはボーナストラックとして「To Love You More」が収録。バイオリニスト葉加瀬太郎さんとの共作曲で、ドラマやTVCMで何度も取り上げられる、日本でとても人気が高い曲です。

Céline Dion – All By Myself (Official Remastered HD Video)

14位 マイケル・ジャクソン「デンジャラス」3200万枚 (1991年)

Michael Jackson - Dangerous

マイケル・ジャクソンは、音楽史上最も成功したエンターテイナーであり、世界中のファンに愛され、最も多くの賞を受賞したスーパースター。その偉業からマイケルは「キング・オブ・ポップ」と呼ばれています。本作は、名プロデューサー クインシー・ジョーンズとタッグを組んで頂点に立った80年代からさらなる進化を目指し、R&Bやファンクとヒップホップを融合させた新ジャンル”ニュー・ジャック・スウィング”の旗手であったテディー・ライリーをプロデューサーに迎えて製作された意欲作です。ソロアルバム8作目にあたります。

Michael Jackson – Dangerous
Jam ★
Why You Wanna Trip On Me
In The Closet
She Drives Me Wild
Remember The Time ★
Can’t Let Her Get Away
Heal The World
Black Or White ★
Who Is It
Give In To Me
Will You Be There
Keep The Faith
Gone Too Soon
Dangerous ★
Micheal Jackson – Vo
マーク・ライデン作のジャケットアートが摩訶不思議で素晴らしい。オープニングの「Jam」から弾力のある小気味良いダンスビートにキャッチーなメロディが炸裂。マイケルの魅力はダンスでもあるので、MVは必見です。当時人気絶頂だったNBA選手のマイケル・ジョーダンと共演しています。他にも、ポップチューン「Black Or White」は、ガンズ・アンド・ローゼズのギタリスト スラッシュとの共作したり、ゴスペル調の曲や世界平和を願ったアンセムなど、バラエティ豊かな収録曲。特に、MVでエディ・マーフィとの共演やマイケルのキスシーンで話題になったRemember The Time」は、”90年代最高の名曲”と評されることも

Michael Jackson – Black Or White (Official Video – Shortened Version)

13位 アラニス・モリセット「ジャグド・リトル・ピル」3300万枚(1995年)

Alanis Morissette -Jagged Little Pill

パワフルな楽曲とアラニス以外誰でもないユニークな歌唱で一世風靡。独特な節回しの歌はロックファンのハートをつかみ大ヒット。

Alanis Morissette -Jagged Little Pill
All I Really Want
You Oughta Know ★
Perfect
Hand in My Pocket
Right Through You
Forgiven
You Learn
Head over Feet
Mary Jane
Ironic ★
Not the Doctor
Wake Up
You Oughta Know” (Jimmy the Saint Blend)
/ “Your House (a cappella)” (Hidden track)


Embed from Getty Images
Alanis Morissette – Vo
*Guest Musician: “You Oughta Know”
Dave Navarro(ex. Red Hot Chili Peppers)- Gui
Flea(Red Hot Chili Peppers)- Ba

1990年代の物憂げなグランジ・オルタナティブロックの全盛期に、カナダで国民的アイドル歌姫がロックアーティストに転身して世界デビューを果たした3rdアルバム。タイトルの「Jagged Little Pills」は「ギザギザの小さな錠剤=受け入れがたい真実」という意味。代表曲は、アラニスが恋人にひどくフラれた時の怒りを綴った「You Oughta Know(思い知れ)」。”他の女と寝る時私のこと考える?”なんてどぎつい歌詞を歌う22歳のアラニスに注目が集まりました。レッチリメンバーのゲスト参加も追い風に。ほか、「Ironic」はアラニスの多重人格的な歌唱が楽しめる逸品だったりと聴きどころ満載。リリース同年のグラミー 最優秀アルバムなど4部門を受賞。リリース10周年を記念して、アルバム全曲をアコースティックバージョンで再録したアルバムもオススメです。

Alanis Morissette – You Oughta Know (Official 4K Music Video)

12位 マイケル・ジャクソン「バッド」3500万枚 (1987年)

Michael Jackson - Bad

マイケルが名プロデューサー クインシー・ジョーンズとタッグを組んで製作した“80年代 3部作”の最後のアルバム。マイケル7作目のソロアルバムで、前代未聞の大ヒットとなったモンスターアルバム「スリラー」の次の作品ゆえ、当時は発売前から大いに注目を集めましたが、世界の期待に応える再びの大ヒット。シングルカットされた「5曲連続全米1位」はまさに快挙でした。

Michael Jackson – Bad
Bad ★
The Way You Make Me Feel ★
Speed Demon
Liberian Girl
Just Good Friends
Another Part Of Me
Man In The Mirror ★
I Just Can’t Stop Loving You
Dirty Diana
Smooth Criminal ★
Leave Me Alone


Embed from Getty Images
Micheal Jackson – Vo

Just Good Friends」「Man In The Mirror」の2曲以外はすべてマイケルが作曲。これは、クインシー・ジョーンズの勧めによるもので、マイケルがアーティストとしてさらに飛躍した作品となりました。このアルバムから最初にシングルカットされたのは「I Just Can’t Stop Loving You」で、サイーダ・ギャレットとのデュエット曲。その後、「Bad」「The Way You Make Me Feel」「Man In The Mirror」「Dirty Diana」と5曲連続全米1を獲得。さらにマイケルは、ミュージカル映画「ムーンウォーカー」を製作。「Smooth Criminal」は映画の重要なシーンを担いました。アルバム「バッド」の人気とあいまって、「ムーンウォーカー」は当時、史上もっとも売れたホームビデオになりました。

Michael Jackson – Bad (Shortened Version)

11位 レッド・ツェッペリン「IV」3700万枚(1971年)

Led Zeppelin - IV

ハードロック・ヘヴィメタルの始祖であり、ロック史に燦然と輝く名盤。便宜上「IV」と呼んでいるがジャケットにはタイトルもバンド名もメンバーも品番すらも記載していない謎多き傑作です。

Led Zeppelin – IV
Black Dog ★
Rock and Roll ★
The Battle of Evermore
Stairway to Heaven ★
Misty Mountain Hop
Four Sticks
Going to California
When the Levee Breaks


Embed from Getty Images
Jimmy Page – Gui
Robert Plant – Vo
John Paul Jones – Ba
John Bonham – Dr

68年に英国で結成されたハードロック バンド。ブルースをベースとするギタリスト  ジミー・ペイジ、サイケデリックなセックスシンボル ロバート・プラント、雷鳴のようなドラマー ジョン・ボーナムを擁します。当時のバンドは、シングルも出さず、テレビにも出演しないため、神秘に包まれていました。ほとんどすべてのアルバムが全米1位を獲得していますが、「IV」はなかでも最大の売上。1曲目は変拍子のグルーヴ重視の曲、2曲目は「ロックンロール」という名の教科書的なロックソング。そして4曲目に、トラッドフォークソングのような美しい序盤から激しい後半まで畳み掛ける壮大な世界観を持つ曲「天国への階段」によって、幅広いファンを獲得しました。1980年にジョン・ボーナムが他界し、バンドは活動を終了します。

Led Zeppelin – Stairway to heaven LIVE

10位 映画 サウンドトラック「グリース」3800万枚 (1978年)

Grease

映画「グリース」は1978年に公開された学園恋愛ミュージカル映画で、本作はそのオリジナルサウンドトラック。もとは人気のミュージカル劇。主演は、ジョン・トラボルタとオリビア・ニュートン・ジョンの2人で、前年大ヒットとなったジョン主演の「サタデー・ナイト・フィーバー」の勢いを受けて、「グリース」の映画もサントラも米英ナンバー1ヒットとなりました。

Original Soundtrack – Grease
Grease
Summer Nights ★
Hopelessly Devoted to You ★
You’re the One That I Want ★
Sandy
Beauty School Dropout
Look at Me, I’m Sandra Dee
Greased Lightnin’
It’s Raining on Prom Night
Alone at a Drive-In Movie
Blue Moon
Rock n’ Roll Is Here to Stay
Those Magic Changes
Hound Dog
Born to Hand Jive
Tears on My Pillow
Mooning
Freddy, My Love
Rock n’ Roll Party Queen
There Are Worse Things I Could Do
Look at Me, I’m Sandra Dee (Reprise)
We Go Together
Love Is a Many Splendored Thing (Instrumental)
Grease (Reprise)
Embed from Getty Images
Olivia Newton John – Vo
John Travolta – Vo
本作の聴きどころはこの3曲の劇中歌。オリビア・ニュートン・ジョンが切なく歌い上げる「Hopelessly Devoted to You」、ジョン・トラボルタとのデュエット曲「You’re the One That I Want」「Summer Nights」がヒットチャートを駆け上がりました。アカデミー賞にノミネートされたほどです。

Grease – You’re The One That I Want [HQ+Lyrics]

9位 シャナイア・トゥエイン「カム・オン・オーバー」4000万枚 (1997年)

Shania Twain - Come On Over

シャナイア・トゥエインはカナダ出身のカントリーのシンガーソングライター。累計1億枚以上のセールスを記録していて、「カントリーポップのクイーン」と呼ばれています。本作はシャナイアのサードアルバム。4000万枚以上売り上げ、“世界でもっとも売れた女性アーティストアルバム”で、グラミー賞4冠の快挙を成し遂げました。

Shania Twain – Come On Over
Man! I Feel Like a Woman!
I’m Holdin’ On to Love (To Save My Life)
Love Gets Me Every Time ★
Don’t Be Stupid (You Know I Love You) ★
From This Moment On” (with Bryan White)
Come On Over
When ★
Whatever You Do! Don’t!
If You Wanna Touch Her, Ask!
You’re Still the One ★
Honey, I’m Home
That Don’t Impress Me Much
Black Eyes, Blue Tears
I Won’t Leave You Lonely
Rock This Country!
You’ve Got a Way
Embed from Getty Images
Shania Twain – Vo

シャナイアの前作「The Woman in Me」は1000万枚超の大ヒットでしたが、本作はさらなるヒットを目指し、AC/DCやデフ・レパードを手掛けたロック界のスーパープロデューサー ジョン・マット・ランジを迎え、万全の体制で作られました。結果、記録的大ヒット。従来のカントリーミュージックに、ロック・ポップスのキャッチーさ、ポジティブなパワーが込められており、聴きやすくライブでも盛り上げる曲が収録されています(バラードも絶品)。16曲入りの本作からは、なんと12曲がシングルカットされ、11曲のMVが作られました。いずれもチャートインし、アルバムのセールスを大いに牽引しました。

Shania Twain – Man! I Feel Like A Woman (Official Music Video)

8位 フリートウッド・マック「噂」4000万枚(1977年)

Fleetwood Mac - Rumours

英国出身の結成50年以上の歴史を持つ男女混成バンドが奏でる、ブルース&フォークをベースにしたごった煮ソフトロック

Fleetwood Mac – Rumours
Second Hand News
Dreams ★
Never Going Back Again
Don’t Stop
Go Your Own Way
Songbird
The Chain
You Make Loving Fun ★
I Don’t Want to Know
Oh Daddy
Gold Dust Woman


Embed from Getty Images
Stevie Nicks – Vo
Lindsey Buckingham – Gui、Vo
John McVie – Ba
Christine McVie – Key、Vo
Mick Fleetwood – Dr

フリートウッド・マックは、かつてクラプトンが在籍したジャック・メイオールバンドの独立組と、すでに活動していた人気フォークデュオとの合体バンドです。メンバーチェンジごとに音楽性は大きく変化。本作では上質なAOR(アダルトオリエンテッドロック)が聴けます。口ずさみたくなる歌を中心にバラエティ豊かな構成楽曲ごとに3人のリードボーカルが立ち、コーラスも美しい。楽器のアレンジも秀逸で、アコースティクからエレキまで多種多様な楽器が聴こえるのも楽しい。アルバムはほろ苦いオトナのラブソングが中心で、当時バンド内で5人中2組がカップルだったがそれぞれ破局・離婚状態で制作されました。現実逃避のために制作に没頭したことがアルバムの充実につながったとメンバーは語ります。結果。全米1位に半年以上独占するという驚異の大ヒットとなりました。

Fleetwood Mac – Dreams (Official Music Video)

7位 映画 サウンドトラック「サタデー・ナイト・フィーバー」4000万枚 (1977年)

Saturday Night Fever - Bee Gees

1977年に公開された大ヒット米国映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のオリジナルサウンドトラック。英国出身の3人兄弟ボーカルグループ ビージーズの楽曲が中心に構成されています。ディスコナンバーがブームとなり、ビルボード24週連続1位という驚異的なチャート・アクションを見せました。これはのちに「スリラー」が記録を更新するまで世界でもっとも売れたアルバムでした。

Original Soundtrack – Saturday Night Fever
Stayin’ Alive (performed by Bee Gees) ★
How Deep Is Your Love (performed by Bee Gees) ★
Night Fever (performed by Bee Gees) ★
More Than a Woman (performed by Bee Gees) ★
If I Can’t Have You
A Fifth of Beethoven
More Than a Woman
Manhattan Skyline
Calypso Breakdown
Night on Disco Mountain
Jive Talkin’
You Should Be Dancing
Boogie Shoes
Salsation
K-Jee
Disco Inferno
Barry Gibb – Lead Vo
Robin Gibb – Vo
Maurice Gibb – Gui, Ba, Key
ビージーズは映画のために5曲の新曲を書き下ろし、リリース済の2曲を加えました。特に、「How Deep Is Your Love」「Night Fever」「If I Can’t Have You」「Stayin’ Alive」が約3年に渡って大ヒット。社会現象になり、グラミー賞最優秀アルバム賞を受賞。ビージーズの曲は踊れる陽気なダンスチューンだけではなく、若者が直面する社会の厳しさや人生の悲哀をも感じる憂いに満ちていいます。個性的なハイトーンボイスの歌声が心に響く名作です。2018年には40周年記念盤が発売されました。

Bee Gees – Stayin’ Alive (Official Music Video)

6位 イーグルス「グレイテストヒッツ(1971-1975)」4200万枚 (1976年)

Eagles - Greatest Hits 1971-1975

マイケル・ジャクソンの「スリラー」を押さえ、”米国で”もっとも売れたアルバム1位に輝く作品。まさに米国を代表する西海岸ロックバンドの初期曲をまとめたベストアルバムです。

Eagles – Greatest Hits 1971-1975
Take It Easy ★
Witchy Woman
Lyin’ Eyes
Already Gone
Desperado ★
One of These Nights
Tequila Sunrise ★
Take It to the Limit
Peaceful Easy Feeling
Best of My Love


Embed from Getty Images
Glenn Frey – Gui、Vo、Piano
Bernie Leadon – Gui
Randy Meisner – Ba
Don Henley – Dr、Vo
Don Felder – Gui

日本でもお馴染みの「テイク・イット・イージー」や「デスペラード」を収録。イーグルスは1971年に結成。ビーチボーイズの系譜を汲む米国西海岸ロックと大陸的なカントリーテイストを融合したロックで、全米国民から愛される国民的バンドです。

デビュー以来、毎年アルバムを発表していた彼らが5作目を前に小休止として作ったベストアルバムが規格外の大成功。彼らは本作以降、ハードロック色を強めていき、本作の翌年1976年に名盤「ホテル・カリフォルニア」を完成させます。

The Eagles- DESPERADO-HD

5位 映画 サウンドトラック「ボディ・ガード」4500万枚 (1992年)

The Bodyguard Whiney Houston - Kevin Costner

俳優 ケビン・コスナーとシンガー ホイットニー・ヒューストンが共演し、1992年に封切られた恋愛サスペンス映画のオリジナルサウンドトラック。映画は大ヒットし、本作は全世界で記録的なセールスとなりました。特に、14週連続1位の大ヒットとなった映画主題歌「I Will Always Love You」はホイットニーの代表曲に(実は1973年のドリー・パートンという歌手のカバーです)。

Original Soundtrack – The Bodyguard
I Will Always Love You ★
I Have Nothing ★
I’m Every Woman ★
Run to You ★
Queen of the Night ★
Jesus Loves Me
Even If My Heart Would Break
Someday (I’m Coming Back)
It’s Gonna Be a Lovely Day
(What’s So Funny ‘Bout) Peace, Love, and Understanding
Waiting for You
Trust in Me
Theme from ‘The Bodyguard

Embed from Getty Images
Whitney Houston – Vo

本作は音楽史上もっとも売れたサウンドトラックであり、当時は女性アーティストとしてもっとも売れたアルバムとなりました。主題歌である最初のシングルの「I Will Always Love You」は2000万枚を売り上げる大ヒット。次に、チャカ・カーンのカバー「I’m Every Woman」、バラード「I Have Nothing」「Run to You」、ダンスポップソング「Queen of the Night」と出す曲すべてが大ヒット。ポップゴスペルからオトナなR&Bまでなんでも歌いこなすホイットニーの黄金期の歌声が堪能できるアルバムです

Whitney Houston – I Will Always Love You (Official 4K Video)

4位 ピンク・フロイド 「狂気」4500万枚(1973年)

Pink Floyd - The Dark Side Of The Moon

「月の裏側」という原題を持つ、プログレッシブロックのコンセプトアルバムです。人間の日常に潜む10の狂気をメドレー形式でノンストップに構成全米ビルボード200位圏内に741週15年間チャートインした、ロック史に語り継がれる名盤です

Pink Floyd – The Dark Side Of The Moon
Speak To Me ★
Breathe In The Air
On The Run
Time ★
The Great Gig In The Sky
Money ★
Us And Them
Any Colour You Like
Brain Damage
Eclipse


Roger Waters – Ba Vo
Richard Wright – Key
Nick Mason – Dr
David Gilmour – Gui

ピンク・フロイドは英国のプログレッシブロックの先駆者。ブルースをルーツに、変則的なリズムや知的な歌詞世界を展開します。ギルモアの泣きのギターや印象的なサックスも特徴的。ピンク・フロイドは大きく3つの時期に分けられます。前期は、バンド創始メンバー シド・バレットがリードしていた実験的なサイケデリックロック。中期は、ロジャー・ウォーターズがリードするプログレッシブロック期にあたり「狂気」もこの時期にあたります。音楽的な成熟が進み、ヒット作多数。後期は、ロジャーとギルモアなどのメンバー間の対立が表面化し、活動が停滞しましたが、2005年に再結成。2014年にスタジオアルバムとして20年ぶりの「永遠」をリリースし、現在は活動を終結しています。

Pink Floyd – Money (Official Music Video)

3位 ミートローフ「地獄のロックライダー」5000万枚 (1977年)

Meat Loaf - Bat Out of Hell

「ロックオペラ」の名作。日本での知名度は今ひとつですが、米国では「一家に一枚」的なアルバム。ロックオペラシンガー ミートローフが、元アメフト選手だった巨大なボディから放つ歌声は迫力満点。

Meat Loaf – Bat Out of Hell
Bat Out of Hell ★
You Took the Words Right Out of My Mouth (Hot Summer Night)
Heaven Can Wait
All Revved Up with No Place to Go
Two Out of Three Ain’t Bad ★
Paradise by the Dashboard Light
For Crying Out Loud


Embed from Getty Images
Meat Loaf – Vo

ミートローフは、ミュージカルの舞台俳優としても活躍していただけあって、歌に込める感情移入や巧みなストーリーテリングが魅力。全編にわたってまさに”演劇的”なアルバムです。そして、本作のもう1人のキーマン、奇才ジム・スタインマンが全曲の作詞・作曲を手掛けます。彼はミュージカル作家で、本作を企画。歌唱力と演技力を兼ね備えたミートローフを抜擢。ピアノと女性コーラスを多用し、ミートローフとの掛け合いは高揚感あふれます。「Bat Out of Hell」とは、「夜通し遊び尽くす若者」のこと。ブロードウェイやロンドンでは、本作を脚本にしたミュージカルが今でもロングラン公演されるほどの人気です。

Meat Loaf – Bat Out of Hell (PCM Stereo)

2位 AC/DC 「バック・イン・ブラック」5000万枚(1980年)

AC/DC - Back In Black
究極のロックンロールアルバムであり、他界した前ボーカル ボン・スコットへの追悼アルバム。漆黒のジャケット。冒頭で鳴り響く鐘の音によってシリアスに幕開け。2曲目以降はラストまで凄まじいエネルギーで突っ走るモンスターアルバム。ソリッドにかき鳴らされるアンガス・ヤングのギターは唯一無二。歴代最大のロックアルバムは、もっともシンプルなロックンロールアルバム。必聴ですっ!

AC/DC – Back In Black
Hells Bells ★
Shoot to Thrill
What Do You Do for Money Honey
Givin the Dog a Bone
Let Me Put My Love into You ★
Back in Black ★
You Shook Me All Night Long ★
Have a Drink on Me
Shake a LegRock And Roll Ain’t Noise Pollution

Embed from Getty Images
Angus Young – Gui
Malcolm Young – Gui
Brian Johnson – Vo
Cliff Williams – Ba
Phil Rudd – Dr

AC/DCはオーストラリア出身の史上最高のロックンロールバンド。デビュー時からとにかくシンプルなロックンロールにこだわっていますアンガス・ヤング、マルコム・ヤングの兄弟ツインギターがサウンドの中心で、リズムもソロも切れ味抜群。アンガスと人気を二分していた初代ボーカリスト ボン・スコットは人気絶頂時に事故死するも、2代目ボーカル ブライアン・ジョンソンとともに「バック・イン・ブラック」をリリースし、世界中で驚異的な成功をつかみました。以降もコンスタントに新作をリリースするも、2015年にはマルコムの死を悼んで活動が休止。2020年には活動を再開し新作をリリースし、全米・全英ほか多くの国のチャートで1位を獲得。見事復活を果たしました。

AC/DC – Back In Black (Official Video)

【入門おすすめ5曲】AC/DC、ハードロックの基本にして究極
長い歴史を持つハードロック バンド AC/DC。ビギナー向けにわかりやすく名曲5曲とともにご紹介。
AC/DCファン必読!ライブお作法ガイド付き、観客が沸騰する5曲!
さらに"パワーアップ"し続けるAC/DCは、”ライブ最強バンド”でもあるんです!AC/DCの魅力が真に発揮されるのは、観客のパワーも加わるライブにこそあり!と断言できます。今日は、AC/DCのライブで必ず盛り上がる定番曲と、観客とのコール&レスポンスのお約束のまとめです。読んだあとにAC/DCを聴くと、思わずレスポンスしてしまいますよ!

1位 マイケル・ジャクソン「スリラー」7000万枚 (1982年)

Michael Jackson - Thriller

マイケル・ジャクソンのスタジオソロアルバムの6枚目の作品。前作「オフ・ザ ・ウォール」からタッグを組むプロデューサー クインシー・ジョーンズと生み出したモンスターアルバムはグラミー賞を、異例の8部門を制覇。まさに「キング・オブ・ポップ」の称号にふさわしい不朽の名盤です。

Michael Jackson – Thriller
Wanna Be Startin’ Somethin’
Baby Be Mine
The Girl Is Mine
Thriller ★
Beat It ★
Billie Jean ★
Human Nature
P.Y.T. (Pretty Young Thing)”
The Lady in My Life
Micheal Jackson – Vo
やはり本作のハイライトは「Thriller」「Beat It」「Billie Jean」の3曲。ショートフィルムのようにストーリー性が強いMVは、MTV黎明期の当時ヘビーローテーションとなり、大変な人気となりました。Thriller」は13分以上にも及ぶ本格的なMVで、ホラーテイストの演出が斬新でした。「Beat It」はギャングの抗争を描いたMVで、ギターにはなんとエディ・ヴァン・ヘイレンが参加しています。「Billie Jean」はマイケル最大のヒット曲で、ステージパフォーマンスの際、マイケルのダンスの代名詞「ムーンウォーク」を披露する曲としても知られています。

Michael Jackson – Thriller (Official Video)

Michael Jackson – Beat It (Official Video)

Michael Jackson – Billie Jean (Official Video)

 

いかがでしたか。

TOP30の長旅、お疲れ様でした。

まだ聴いたことない洋楽アルバムはありましたか。意外な作品もあったんじゃないでしょうか。日本人にはなじみが薄いカントリーソングだったり、映画のサントラが多くランクインしていることに驚かされました。

この記事が、新しい「音楽」との出会いになれば幸いです。

 

今日はこんな感じです。

また会いましょう!

 

“ロック”音楽を選抜したランキングTOP 30はこちら。
あわせてお読みいただくと、とても面白いですよ。

【名盤】世界で一番売れたロックアルバム 歴代売上ランキング TOP30(全部動画付き)ビギナー歓迎!
ロックが生まれて50年以上。その歴史のなかで「もっとも売れた」アルバム、「もっとも多くの人に愛された」アルバムTOP30をご紹介。新しい「ロック」音楽との出会いになれば嬉しいです。

 

※ランキングはWikipediaの記事を参考にしています。
【引用・抜粋】Wiki: List of best-selling albumshttps://en.wikipedia.org/wiki/List_of_best-selling_albums

タイトルとURLをコピーしました