AC/DCファン必読!ライブお作法ガイド付き、観客が沸騰する5曲!

AC/DCは最強のライブバンド。曲はライブでどう盛り上がるか考えられて作られている!

6年振りの新アルバム「Power Up」はもう聴きましたか。覚えやすい曲が多くて、久しぶりのファンも新しいファンも楽しめる快作ですね〜。未聴なら超オススメです!

さらに”パワーアップ”し続けるAC/DCは、”ライブ最強バンド”でもあるんです!AC/DCの魅力が真に発揮されるのは、観客のパワーも加わるライブにこそあり!と断言できます。

今日は、AC/DCのライブで必ず盛り上がる定番曲と、観客とのコール&レスポンスのお約束のまとめです。読んだあとにAC/DCを聴くと、思わずレスポンスしてしまいますよ!

いきましょう!

さぁ、しっかり予習しましょう!
来日予定もないのに気が早すぎ?!(笑)

(AC/DC)ダーディディー! (あなた)ダンダーチーッ!

いやぁ、こんな人の数、人のうねり、見たことあります?押し合いへし合い、かなりしんどそう。でも、観客は全員笑顔ですね。

初期の名曲、そりゃ沸騰しますって!

AC/DC – Dirty Deeds Done Dirt Cheap (Live At River Plate, December 2009)

AC/DC – Dirty Deeds Done Dirt Cheap (Live At River Plate, December 2009)

(あなた)サンダー! (AC/DC)アアア ア~アア ア~ア♪

このギターイントロが聞こえただけで「キター!」。コール側の「サンダー!」と叫ぶもよし、レスポンス側の「アアア~」と歌うもよし、掛け合いで盛り上がる一体感がたまりませんね〜。

AC/DC – Thunderstruck (Live At River Plate, December 2009)

AC/DC – Thunderstruck (Live At River Plate, December 2009)

(AC/DC)TNT! (あなた)オイ!オイ!オイ!オイ!× ∞

オイ!オイ!オイ!オイ!…いつまで言わせんねん!、とはなりません。実際ライブを体験すると、あぁぁ、終わらないでこのオイオイタイム!、ってなります(笑)

2010年から来日がないAC/DC。今まで4回しか来日機会がない彼らですが、最後だとしてもせめてもう一度来日して!(祈)。

AC/DC – T.N.T. (Live At River Plate, December 2009)

AC/DC – T.N.T. (Live At River Plate, December 2009)

(AC/DC)ファイア! (大砲)ドカン! (あなた)ウィソールーユー!

この曲では、なんと「大砲」がステージに登場します。
ブライアンがサビと共に「ファイア!」と号令をかけると、大砲が轟音を鳴らし発射。

実際のライブでは一発目はあまりの大きな音に「ヒャ!」ってなりますが、忘れずに「We Salute You!」とレスポンスを応じなければなりません。心の準備を忘れずに。

AC/DC – For Those About to Rock (We Salute You) (Live At River Plate, December 2009)

AC/DC – For Those About to Rock (We Salute You) (Live At River Plate, December 2009)

(AC/DC)アモナ! (あなた)ハーイウェイトゥヘル!

最後はやっぱりこの定番曲になっちゃいます。会場割れんばかりの大合唱♪ そして、頭には、みんなつけてます名物デビルホーン、「赤いツノ」(笑)。
何万もの観客が一斉に光るツノをつけている光景は壮観です。

ちょっと余談。あの「赤いツノ」はライブ会場に売ってますが、来日機会が少ない日本ではCD特典としてゲットしたり、当時は入手困難。

でも、令和の今、100均で買えるんです!いつでも買える!…でもAC/DC来ない!くぅぅ!

AC/DC – Highway to Hell (Live At River Plate, December 2009)

AC/DC – Highway to Hell (Live At River Plate, December 2009)

以上、今日はAC/DCの「ライブ会場が沸騰する5曲」を共有しました。

前回の来日は10年前、その前は19年前、その前は38年前!うーん、ウルトラレア!

とにかく今は、コロナが収束して、「Power Up」ツアーで来日公演が叶うことを願って、新譜を聴きまくりましょうね!

 

***おまけのこぼれ話***

2016年、ブライアンジョンソンが病気を患って、AC/DCのライブツアーが全てキャンセルになりかけた時、

「俺でよかったら、ブライアン先輩の代打を引き受けるぜっ!」とバンドを窮地から救ったのはなんと、ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズ!

彼は、ティーンの頃からAC/DCの大ファンであり、尊敬する大先輩のピンチを黙って見れられなかったんでしょうね!うーん、アクセル、男気あるなぁ。

そして、動画を見てさらにビックリ。歌は全力でシャウトしながらも、決して出しゃばらず、ステージ後方で構えて、あくまでも「今日の主役はAC/DCパイセンです」とばかりにわきまえています。

アクセル、そんな気遣いできるんやんっ!

AC/DC W/Axl Rose – Thunderstruck (Madison Square Garden, Nyc) 9.14.16

AC/DC W/Axl Rose – Thunderstruck (Madison Square Garden,Nyc) 9.14.16

オーディエンスショットですが驚きの2000万回以上の再生回数です!
すごっ!

 

今日はこんな感じです。

また会いましょう!

【入門おすすめ5曲】AC/DC、ハードロックの基本にして究極
長い歴史を持つハードロック バンド AC/DC。ビギナー向けにわかりやすく名曲5曲とともにご紹介。

コメント

タイトルとURLをコピーしました