パンテラ、ダイムバッグ・ダレルとザック・ワイルドの永遠の友情

17年前の12月8日、稀代のギタリスト、Panteraのギタリスト、ダイムバッグ・ダレル(以下、ダレル)が凶弾に倒れ、命を失いました

ヘヴィメタルに「モダンヘヴィネス」という新風を吹き込んで、シーンを一変させた天才。ファンのみならず、多くのメタルアーティストから愛され、尊敬されたダレル。そんなダレルの盟友であり親友、Ozzy Band、Black Label Societyのギタリスト ザック・ワイルド
今日はそんなダレルの人柄と、ザックとの友情の軌跡をご紹介します。

1990年、彼のバンド、Pantera のこの1曲の衝撃が、以降のラウドメタルを生み出したと言っても過言ではありません。

Pantera – Cowboys From Hell (Official Music Video)

Embed from Getty Images

そんなダレルはいつも人懐っこく、誰とも親しくなるナイスガイ。ファンに対してもとてもフレンドリーで、こんな有名な逸話があります。

ある日、ダレルを目の前にして興奮したファンが、
「ダレル!あなたは私にとって神ですっ!」
と本人に伝えると、ダレルがそのファンに
「違うだろ、ブラザーだろ!」と優しく肩を叩いた

いいなぁ、この話!

そんなダレルと特に親しかった盟友が、ザック・ワイルドでした。

同い年で、音楽的ルーツも近い。ギターのプレイスタイルも共通するところがあり、2人はめちゃくちゃウマが合いました。

画像検索したらいくらでも出てきます(笑)。どんだけ仲良しやねん!

そんな2人に訪れた悲劇。
ダレルの死に、ザックは打ちひしがれてしまいます。

しかし、しばらくして、ダレルを追悼するバラード曲をザックが発表します。

Black Label Society – In This River [Official Video] HQ

MVはまさに死が二人を分かつ悲しいストーリーですね。

その後、ザックのギターラインナップに「Razorback」という新しいカタチのギターが加わります。これはダレルが亡くなる前に、自身の新しいモデルとして考案したオリジナルギターなんです(残念ながらダレル自らが手にすることはありませんでした)。

ダレルはそのギターに、ザックのシンボル「ブルズアイ」のペイントを施して、ザックにプレゼントする計画を練っていました(どんだけ仲良し!)

ダレルからザックに手渡すことは叶いませんでしたが、ザックはそのギターを自分の愛機として現在も使用しています。親友が遺したギターを。

ダレルは今、後年他界した兄ヴィニーポールと兄弟並んで埋葬されています。

ファンとしていつか訪れて手を合わせたいなぁ、RIP。

締めはPanteraの代表曲で頭振ってお別れです!

Pantera – Mouth For War (Official Music Video)

Embed from Getty Images

また会いましょうね!

【解説】パンテラ、伝説のヘヴィメタルバンド、全キャリア 名盤・名曲 まとめ
究極の鋼鉄メタルバンド「パンテラ」。ヘヴィメタルを変えた「Cowboys from hell」からラストアルバムまでの名盤・名曲を徹底解説!さらにデビュー作から全アルバムを振り返ります!ビギナー大歓迎!
タイトルとURLをコピーしました