【入門おすすめ5曲】 レインボー、リッチーと3人のボーカリスト、3つのレインボー

1970年代、「ハードロック」を創った英国バンド、ディープ・パープルのギタリストだったリッチー・ブラックモア

彼は世界的成功と名声をすでに手に入れていましたが、

「俺がやりたいようにやる俺のバンド」

と立ち上げたバンドが、

「リッチー・ブラックモア “ズ” ・レインボー」

レインボーは、リッチーのソロバンド。
リッチー以外のメンバーは交代を繰り返しながら、
そしてバンドの音楽性を変えながら、歴史的名盤を作り出していきました。

3人の代表的なボーカリストとが3つのレインボーをつくった

今日は、3人のボーカリストを中心に、レインボーを紹介していきます。

ヘヴィメタル ボーカルのお手本、初代 ロニー・ジェームス・ディオ

Rainbow – Do You Close Your Eyes / Live in Munich 1977

Rainbow – Do You Close Your Eyes / Live in Munich 1977

 

ロニーの邪悪なシャウトと荘厳な歌声は、
今でもヘヴィメタルボーカルのお手本。
もし未聴なら、絶対体験していただきたいです。

ちょっと余談です。
実は上の動画は、イワクつきの伝説のライブ映像なんです。

  • リッチーは、直前公演地のウィーンで劇場支配人と揉めて暴力沙汰。
    なんと警察に逮捕されちゃいます。
  • ウィーンのステージ衣装のまま留置所に入れられていましたが、
    なんとか釈放され、次の公演地ミュンヘンまで350キロの車移動!
  • ミュンヘンの開演予定時間は過ぎる。
    しかし、リッチーが必ず来ると信じて会場で待ち続けた満員の大観衆。
  • リッチーが到着したのはなんと深夜0時。
    リッチーはウィーンの衣装のまま、到着してすぐライブを開始!
  • 待ちに待っていたバンドも観客も異常なハイテンション。
    伝説のライブになりました!

このころレインボーは「三頭政治」と呼ばれる時代。
リッチーと、ロニーと、コージー・パウエル。
この3人の圧巻のパフォーマンスが見られる貴重な映像です。

ヒットチャートを席巻。中興の祖 2代目グラハム・ボネット

Rainbow – Since You’ve Been Gone

 

Rainbow – All Night Long

 

短髪、サングラス、スーツ、ときにアロハ…。
伝統的なハードロックボーカリストとしては当時はありえない風貌。
しかし、そんな先入観を打ち砕く、
4オクターブの幅広い声域とパワフルな声量の逸材。
ハードロックボーカリストとして高い評価を受けます。

コワモテのようでいて実はユーモア溢れるジェントルマンのグラハムは、
その人懐っこさが映像にもあふれ出ていて、
近寄りがたいリッチーとは対照的。

バンド人気に一役も二役も買いました。2曲ともキャッチーな名曲。

若く美しい3代目。甘いハスキーボイス、ジョー・リン・ターナー

Rainbow – I Surrender

 

Rainbow – Death Alley Driver

 

おじさん2人の次を担う3代目は、若く美しいジョーでした。
哀愁漂うハスキーな歌声と甘いルックスに、女性ファンが激増。
ステージのスポットライトは独り占め状態でした

1曲目は、愛した女性にひざまずく恋愛ソング。ジョーの声がよく合います。

2曲目は、MVのリッチーが謎過ぎですが、スピード感のある名曲。
リッチーのギターソロも荒々しくてナイス!

 

おすすめ5曲、いかがでしたか。

レインボーはもちろんリッチーのバンドなんですが、
3人の稀有なボーカリストを輩出しました。

音楽へのこだわりゆえに暴君のように振舞うリッチーですが、
残した素晴らしいアルバムの数々に触れると、

「やっぱりリッチーは偉大!」

って感じます。いいなぁ。

 

今日はこんな感じです。

また会いましょう!

 

ディオ、ヘヴィメタル界のゴッドファーザーが率いたソロバンド。様式美ハードロックの完成形
80年代に輝いた様式美とアメリカンハードロックの見事な融合、DIO。意外と知られていない名盤・名曲のご紹介。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました