クリーム、ハードロックを創った伝説の3人(エリック・クラプトン、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカー)ビギナー歓迎!

Embed from Getty Images

クリームは、英国で、1966年から1968年のわずか2年半活動した、3人のロックバンド。

英国では近い時期に、
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス(1966年〜)
レッド・ツェッペリン(1968年〜)
ディープ・パープル(1968年〜)
が活動。

“ハードロックの源流”が次々と生まれてきた時代です。

クリームを結成したのはこの3人。

Embed from Getty Images

エリック・クラプトン (Eric Clapton) – ギター/ボーカル ※写真左
ジャック・ブルース (Jack Bruce) – ボーカル/ベース/ハーモニカ ※右
ジンジャー・ベイカー (Ginger Baker) – ドラムス ※真ん中

ここから、わずか2年半の活動期間で彼らが残していった名盤と名曲を紹介してきますね。

行きましょう!

クリームはロック史上 “初” の「スーパーバンド」

Embed from Getty Images

エリック・クラプトンは、クリーム結成前から、”凄腕のブルースギタリスト”として知られていました。

ヤードバーズという英国の人気バンドのギタリストとして在籍。しかし、バンドのポップ路線に反対したクラプトンは他のメンバーと対立。1965年にヤードバーズを脱退します。
(余談ですが、クラプトン脱退のあと、ジェフ・ベックとジミー・ペイジが加入。ジミー・ペイジ以外のメンバーが脱退した後、ヤードバーズは消滅し、レッド・ツェッペリンが生まれます!)

その後加入したブルースロックバンドでくすぶっていたクラプトンに、以前から知り合いだったドラマー ジンジャー・ベイカーが新バンド結成を持ちかけます

Embed from Getty Images

ジンジャー・ベイカーも当時からすでに、”凄腕のジャズドラマー”として名を馳せていました。

Embed from Getty Images

そのベイカーとクリーム結成前のバンドでダッグを組んでいたのが、ジャック・ブルース。
ブルースは幼少のころからクラシック教育を受けたエリートで、途中でモダンジャズに傾倒。彼もまた、当時すでに“凄腕のジャズベーシスト”として高い評価を得ていました。

そう、クリームは、3人の“凄腕” 一流ミュージシャンが集まった、“スーパーバンド”として、1966年に結成されます!

1stアルバム「フレッシュ・クリーム」- FRESH CREAM(1966年)

クリームは、米国の黒人音楽ブルーズをベースにした「ブルースロック」と、60年代後半に流行した、ドラッグ LSDによる幻覚を音楽で再現した「サイケデリックロック」を融合させた音楽を創り出しました。

3人ともに凄腕のミュージシャンなので、1stアルバムの制作は順調に進むと思いきや、クラプトンは衝撃の事実を知ることになります。

クリームの前のバンドですでにベース&ドラムのリズム隊を組んでいたブルースとベイカーは、実はとにかく仲が悪かったんです。

お互いのエゴがぶつかりあい、一緒に演奏しているときでもお互いの演奏を聴きもせず、バラバラになってしまうこともしばしば…。しかし同時に、2人の才能がぶつかりあう”ケミストリー(化学変化)”が起こっていました

そうして創られたデビューアルバムは高く評価され、母国英国でまずまずのセールスを残します。

また、ジャズの即興性を大胆に取り入れたベース・ドラムに、クラプトンの情熱的なブルースギターが絡むライブは、観衆を大いに魅了し、評判となっていきます

Cream – I feel free (1967)

Cream – I feel free (1967)

2ndアルバム「カラフル・クリーム」 – DISRAELI GEARS(1967年)

このアルバムでは、ジャケットのデザインからも感じられるように、ブルースロックにさらにサイケデリックな要素を強めて、ずっしりと重く激しい曲調に進化しました。
なかでも特にこの2曲が人気を博し、英国だけでなく米国でもブレイクします。

Cream – Strange Brew

Cream – Strange Brew

Cream – Sunshine of Your Love

Cream – Sunshine of Your Love

3rdアルバム「クリームの素晴らしき世界」 – WHEELS OF FIRE(1968年)

3rdアルバムはなんと2枚組でリリース。1枚は「WHEELS OF FIRE(IN STUDIO)」でスタジオ録音盤、もう1枚は「WHEELS OF FIRE(LIVE AT THE FILLMORE)」でライブ盤、で構成されています。

クリームの即興演奏に熱狂していた当時のファンは、2枚のうち「ライブ盤」をより愛聴したそうです。

人気を集めたのはこの2曲。

White Room

White Room

CREAM Crossroads 1968

CREAM Crossroads 1968

 

しかし、ここで3人の関係は限界を迎え、バンド「クリーム」は崩壊。もともと仲が悪かったブルースとベイカーの衝突だけでなく、クラプトンのエゴもぶつかるようになり、3人は疲弊してしまい、解散の道を選びます。

解散後、「グッバイ・クリーム」という最後のアルバムをなんとか発表。

その後、クラプトンとベイカーの2人は新バンド「ブラインド・フェイス」を結成。

ロック史上の名盤と名高いアルバム「スーパー・ジャイアンツ(Blind Faith)」を生み出します(しかしバンドはこの1枚で解散)。

Blind Faith – Can’t Find My Way Home

Blind Faith – Can't Find My Way Home

一方、ブルースはソロアーティストとして活動を続け、名盤を多く生み出していきます。

 

Embed from Getty Images

以上、駆け足でしたが、ハードロックの源流バンド、クリームの足跡をたどりました。
今聴いても、3人の才能が激突する、曲・演奏いずれも色あせないパワーがありますね。

 

今日はこんな感じです。

また会いましょうね。

【解説】伝説のギタリスト、リッチー・ブラックモアはナゼすごい? & 名盤・名曲 紹介
ハードロック・ヘビィメタルファンは必ず名前を聞いたことがあるギタリスト、リッチー・ブラックモア。リッチーの魅力と名盤・名曲をわかりやすくご紹介します。全曲動画付きです。ビギナー歓迎!
タイトルとURLをコピーしました