クリス・コーネルを偲ぶ。哀愁あふれる歌声に魅せられて(サウンドガーデン、オーディオスレイヴ、ソロ)

Embed from Getty Images

クリス・コーネル(以下、クリス)は、米国シアトル出身のロックボーカリストです。

1980年代後半、同郷のバンド、ニルヴァーナの人気爆発から始まった「グランジ」ブームをキッカケに、クリスがボーカルを務めるロックバンド「サウンドガーデン」がブレイク!
ニルヴァーナ、アリス・イン・チェインズ、パール・ジャムとともにロックシーンを席巻しました。

2000年代からは、オルタナティブロックのスーパーグループ「オーディオスレイヴ」を結成
多くのメガヒットを連発します。

そして、バンド活動と並行してソロ活動も。

常にシーンの第一線で活躍してきました。

Embed from Getty Images

しかし、2017年5月17日。再結成したサウンドガーデンのツアー先のホテルで、突然、自ら命を断ちます。原因は、鎮痛剤の濫用による突発的な判断力の低下…。もともとうつ病を患っていたクリスにとって不運な事故でした。

Embed from Getty Images

クリスの歌声は、野性味があふれ、セクシーで、どこか哀愁をたたえた魅力的な歌声です。

今日は、クリスの歌声が味わい深い代表曲をまとめます。

サウンドガーデン – Soundgarden 1984年〜1997年

Embed from Getty Images

1990年代、ニルヴァーナとともにグランジブームを牽引した代表的なバンド。

ニルヴァーナはパンク色の強いバンドでしたが、サウンドガーデンはヘヴィメタル色の強いバンド。ギターは重く激しく、ブラック・サバスの影響を強く感じます。そこにクリスの野獣のようなシャウトが響きます。クリスは低音のメロウな歌声も使い分けていて、当時はデヴィッド・カヴァーデルを彷彿とさせる、なんて言われてましたね。

サウンドガーデンはアルバムを重ねるうち、徐々に重く激しいギターサウンドは後退し、より生音に近いオーガニックなサウンドに変化していきます。その理由は、クリスが、叫ぶだけではなく曲のなかでしっかり歌いたい、との願いがあったからだとか。

クリスとバンドメンバーの間で目指す音楽性にズレが大きくなり、1997年にバンドは解散してしまいます。

サウンドガーデンの初期から後期までの代表曲をまとめます。

Soundgarden – Rusty Cage(1991)

Soundgarden – Outshined(1991)

Soundgarden – Jesus Christ Pose(1991)

Soundgarden – Spoonman(1994)

Soundgarden – Black Hole Sun(1994)

オーディオスレイヴ – Audioslave 2001年〜2007年

Embed from Getty Images

2000年10月に活動を休止したレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのVo以外のメンバー3人が、クリスをボーカリストとして迎え入れる形で結成された、オルタナティブロックのスーパーグループ

3枚のアルバムをリリースし、いずれも大ヒットとなりますが、2007年にレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの再結成の発表とともにクリスは脱退を表明。活動を終了します。

オーディオスレイヴの代表曲はこちらです。

Audioslave – Cochise (2002)

Audioslave – Show Me How to Live (2002)

Audioslave – Like a Stone(2002)

Audioslave – Be Yourself (2005)

Audioslave – Revelations (2006)

ソロワーク – Chris Cornell 1999年〜2015年

Embed from Getty Images

クリスはバンド活動と並行して、4枚のスタジオソロアルバムをリリースしています。
ハードなバンドサウンドとは違って、内省的で優しいクリスの歌が中心のサウンドです。

Chris Cornell – You Know My Name(2006)

映画「007 カジノロワイアル」の主題歌です。

Chris Cornell – Scream(2009)

Chris Cornell – The Promise (2018)

没後に発表されたPV。クリスが生前に残した最後の映像です。

Chris Cornell – When Bad Does Good (2018)

こちらも没後に発表されたPV。クリスが愛した長男クリストファーくんがPVに出演。

Chris Cornell – Patience (2020)

ガンズ・アンド・ローゼズのアルバム「G N’ R Lies」のアコースティックバラードのカヴァー。
クリスの温かな家族写真でつづられたPVです。どこまでも優しい歌声…。

 

Embed from Getty Images

いかがでしたか。

興味を持たれた方はぜひ、クリス・コーネルのほかの作品も聴いていただけたら嬉しいです。

また会いましょうね。

 

【90年代】グランジ、カート・コバーンの革命
グランジ(Grunge)とは本来、”ボロボロ”とか”汚い”という意味の言葉。それがロックジャンルの名前? どういうことなんでしょう。きらびやかなLAメタルに若者がリアルを感じなくなっていたロックシーンに突如現れた無愛想なボロボロオトコ、カートコバーン 。彼が率いるバンド「ニルヴァーナ」はきれいごとを抜きにしたリアルを強烈にぶつけて注目を集め、台風の目になっていきます。
タイトルとURLをコピーしました