【結成50周年】エアロスミス、スティーヴンは72歳。次の来日は絶対見逃してはならない!

Embed from Getty Images

1971年、エアロスミス結成。
2021年、今年で結成50周年。

スティーヴン・タイラー…72歳!
ジョー・ペリー…70歳!

気がつけば、直近のアルバム「Music From Another Dimension」(2012)から9年も経過。残念ながらこのアルバムはヒットしませんでしたね。ちなみに、このアルバムは、その前作「Just Push Play」から11年も空いてました

新譜の知らせがない。リリースのペースはスローダウン。

これを見るに、
ファンとしては認めたくないのですが、

「エアロスミス、そろそろフィナーレかな…」

と思うわけです。

エアロスミスは「新譜」ではなく、ファンに愛された名曲たちで「さよならツアー」をやりたいのだと思います。

実は、2020年9月には地元ボストンで「エアロスミス結成50周年 記念ライブ」が計画されていました。コロナ禍によって1年延期とのアナウンスでしたので、おそらく今年、実施するでしょう。

やはり、そろそろ“有終の美”ですよね。

われわれファンとしては、キッスと同様、「さよならツアー」でもし来日公演が実現したときに備えて、彼らの初期から振り返った名曲ばかりのセットリストの予習をしておきましょうよ。

そんなエアロスミスの過去の名曲たちをザクっとまとめますね。深い解説は不要な、ドキドキエッチな恋愛ソングばかりなので、無粋なコメントは少なめでドンドンと曲を紹介しますね(笑)。

行きましょう!

いきなりブレイク!1stアルバム「Aerosmith」(1973)

Aerosmith – Dream On (Live – HD Video)

Aerosmith – Dream On (Live – HD Video)

セルフタイトルのデビューアルバムの邦題は「野獣生誕」。バッドボーイズロックバンドの期待の新人として注目を集めます。そして、いきなりバラード曲で全米6位までブレイク!アルバムは全米21位を記録しました。すごい!

Aerosmith – Mama Kin (Official Audio)

Aerosmith – Mama Kin (Official Audio)

軽快でシンプルな、まさにロックンロールのお手本のような曲。この曲はガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが自らのルーツとしてカヴァー。歴史的名盤「Appetite For Destruction」の制作中にリリースされたブレイク前夜のライブ盤「Live ?!★@ Like A Suicide」に収録されています。聴くと確かにガンズへの影響を感じます。

Live Like a Suicide Lyrics- Guns N’ Roses

Live Like a Suicide Lyrics- Guns N' Roses

悪ガキロックでチャートを席巻!黄金期到来!3rdアルバム「Toys In The Attic」(1975)

Aerosmith Toys In The Attic Live 1975

Aerosmith Toys In The Attic Live 1975

バンドが躍動するスピーディなハードロック曲。ジョーのコーラスワークが積極的ですね。映像のスティーヴンは白黒のジャンプスーツ。こんなの誰が似合うねん!って思ったら、モトリー・クルーのニッキー・シックスが同じスーツを着てましたね!(笑)。さすがっ!

Aerosmith – Walk This Way (Official Audio)

Aerosmith – Walk This Way (Official Audio)

全米10位まで昇ったヒット曲。アルバムも11位までランクアップ。この曲は「元祖ラップ」「元祖ヒップホップ」と言われる超有名曲。のちに、RUN DMCというヒップホップトリオにカヴァーされるのですが、それはまだまだ後の話。

70年代のハードロックの歴史的名盤!4thアルバム「Rocks」(1976)

Aerosmith – Back In The Saddle (Official Audio)

Aerosmith – Back In The Saddle (Official Audio)

「Rocks」は70年代ハードロックの名盤として名高い作品。そのオープニングを飾るこの曲では、スティーヴンのシャウトが炸裂。スティーヴンはライブではいつもジョーに「Demon of screamin’!」と紹介されますが、それがうなづける咆哮!「Back In The Saddle」は「復活した」との意味ですが、案の定「あの行為」とのダブルミーニングですね。エロい曲ばっかり(笑)。

セールスの成功とは裏腹に、このころからドラッグがバンドを蝕んでいきます。ツアーとアルバム制作が重なって、メンバーは疲弊していきます。

1979年、スティーヴンと衝突したジョーが脱退。
1980年、スティーヴンがバイク事故で重傷。
1981年、もう1人のギタリスト ブラッドも脱退。

バンドは低迷してしまいます…。

低迷期からの脱出のチャンス到来!RUN DMC「WalK This Way」カヴァー曲で共演(1986)

RUN DMC – Walk This Way (Official HD Video) ft. Aerosmith

RUN DMC – Walk This Way (Official HD Video) ft. Aerosmith

時はMTV全盛期。MVで注目を集めたアーティストが成功する時代でした。1986年。まだロックやヒップホップのクロスオーバーがほとんどなかったときに、RUN DMCというラップトリオがこの曲を取り上げて、スティーヴン・ジョーとMVで共演。それが大ヒット!(隣の部屋通しでやり合うお茶目なMVがサイコー!)。低迷していたエアロスミスが復活のキッカケをつかみます。

完全復活!新たな黄金期の始まり!9thアルバム「Permanent Vacation」(1987)

バンドはドラッグと酒を断ち、音楽に全力集中。さらに、ポップでなにが悪い!と開き直って、当時バカ売れのボン・ジョヴィのソングライターやプロデューサーを招聘します。それが大当たり!MVも人気を博し、3曲のシングルカットがチャートを駆け上がり、エアロスミスは低迷期から華麗に復活を遂げます

Aerosmith – Dude (Looks Like A Lady) (Official Music Video)

Aerosmith – Dude (Looks Like A Lady) (Official Music Video)

ファンキーな曲調に、スティーヴンの連続シャウトが冴え渡ります。「女みたいなヤロウ♪」ってユニークなサビも面白い。

Aerosmith – Angel (Official Music Video)

Aerosmith – Angel (Official Music Video)

純愛バラード。スティーヴンが歌い上げる切ないバラードは絶品。このアルバム以降、エアロスミスにとってバラードは、メガヒットを連発する原動力になります。

勝利の方程式をゲット!バラード3部作リリースでグラミー獲得!10thアルバム「Pump」(1989)、11thアルバム「Get A Grip」(1993)

Aerosmith – Love In An Elevator (Official Music Video)

Aerosmith – Love In An Elevator (Official Music Video)

エレベータのなかでムフフって曲。ライブでのバンドと観客との掛け合いが楽しい1曲。MVでは、ファンが卒倒しそうなジョーの熱烈キスシーンが話題。

Aerosmith – Cryin’ (Official Music Video)

Aerosmith – Cryin' (Official Music Video)

Aerosmith – Amazing (Official Music Video)

Aerosmith – Amazing (Official Music Video)

Aerosmith – Crazy (Official Music Video)

Aerosmith – Crazy (Official Music Video)

当時大人気の若手女優アリシア・シルヴァーストーンと、スティーヴンの愛娘リヴの2人が、奔放な恋愛を楽しみながら冒険を繰り広げるキュートなMV3部作が大ヒットYouTubeの再生回数も、3つの動画の合計、10億回以上とかすごすぎです!

アルバム「Get A Grip」はバンド初の全米No.1アルバムになりました。

そして生まれた一般リスナーも巻き込む大ヒット曲!13thアルバム「Just Push Play」(2001)

Aerosmith – I Don’t Want to Miss a Thing (Official HD Video)

Aerosmith – I Don't Want to Miss a Thing (Official HD Video)

彗星衝突による地球存亡の危機から人類を救うブロックバスター映画「アルマゲドン」のテーマ曲です。愛娘のリヴはヒロイン役で出演。ダイアン・ウォーレンという有名外部ライターと共作。ダイアンは当初女性ボーカルをイメージして作曲したが、スティーヴンがすぐさま自分の歌にしたことに感動。この曲は、バンド初のシングル全米1位に輝きました。

Aerosmith – Jaded (Official HD Video)

Aerosmith – Jaded (Official HD Video)

「Jaded」とは「疲れ切った」という意味で、ある女の子に向かって「Jaded」ちゃん、と呼びかけている切ない曲です。

もう一度エアロスミスに会いたい!

日本が大好きなエアロスミス。

侍が大好きなエアロスミス。

相撲が大好きなエアロスミス。

たいやきが大好きすぎて、メンバーで揉めちゃって、あわや解散の危機になっちゃうエアロスミス。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Steven Tyler(@iamstevent)がシェアした投稿

2021年、22年、できれば「さよならツアー IN JAPAN」で、笑顔で会いたいですね。

大好きな日本のたいやきを、たくさんたくさん食べてほしいです!

 

今日はこんな感じです。

また会いましょうね。

【決定】クイーン 日本人が選んだ”公式”人気曲ランキング +必聴曲 全50曲紹介(動画付き)
2019年に公式サイトが実施した約2万件のファンアンケートに基づいて、クイーン全172曲から40曲をランキング。加えて、ベスト盤収録曲から10曲を厳選。クイーン結成50周年を50曲の名曲たちを聴いてお祝いしましょう!
【35億回再生】ボン・ジョヴィ 歴代名曲人気ランキング BEST10
ボン・ジョヴィの数々の名曲をYouTube再生回数でランキングしたBEST 10。「You Give Love A Bad Name」「Livin' On A Prayer」など、名曲の知られざるエピソードや、バンド結成秘話もご紹介。ボン・ジョヴィを改めて聴きたくなること間違いなし!
タイトルとURLをコピーしました