ジャック・ジョンソン、ステイホームが楽しくなるリラックス音楽(在宅ワークのBGMにもオススメ)

Embed from Getty Images

ジャック・ジョンソン(Jack Johnson 以下、ジャック)はハワイ出身のアーティスト

海、風、大地…大自然を感じるゆったりとしたアコースティックサウンドで、“最高にくつろげる音楽”として世界中から愛されています

じっくり耳を傾けるもよし、BGMとして流すもよし、いろんな楽しみ方ができるのが人気の理由ですね。

Embed from Getty Images

ジャックは、有名なサーファーの家庭に生まれ、「世界で一番凶暴で美しい波」として有名なオアフ島のビーチのすぐ近くで育ち、5歳のころからサーフィンに親しんでいました。

Embed from Getty Images

10代にはプロサーファーとなり、その腕前から期待を集めていましたが、サーフィン中の事故で頭を150針以上縫うほどの大怪我を負ってしまい、プロの道を断念。

そんなジャックが夢中になったのは、サーフィンと同じく大好きだった映像製作と音楽。

カリフォルニアの大学卒業後にサーフィン仲間と撮ったジャックの作品は、サーフィンの激しさを強調したそれまでの映像とは異なり、大自然のなかでゆったりとした時間が流れる映像。そして、映像で流れていた美しいBGMは、ジャックが自ら演奏したアコースティック音楽でした

ジャックの素晴らしい音楽にいち早く注目したのは、以前から友人として親交があった Gラヴ(G. Love & Special Sauceを率いて94年にデビューした米国フィラデルフィア出身のアーティスト)。

Embed from Getty Images

Gラヴは自らのアルバムのなかで、ジャックが作った曲で共演して音楽ファンの注目を集め、ジャックがソロデビューできるようサポートしてくれました。

その共演曲がこちら。ブルーズとヒップホップが融合したノリのいい曲です。
この曲のヒットを手掛かりに、ジャックはデビューのチャンスをつかみます

“Philadelphonic” G. Love & Special Sauce 1999

Rodeo Clowns – Jack Johnson ft G Love

1stアルバム – Brushfire Fairytales(2001)

2001年、ジャックはデビューアルバムをリリース。

レゲエ、ブルーズ、ヒップホップをベースにしたジャックのミクスチャーサウンドはまたたく間に音楽ファンのあいだで話題になります。インディーズからメジャーへ移り、結果、ミリオンセラーの異例の大ヒットに。

ジャックの音楽は、サーファーが海の上で過ごす「波を待つ時間」ように、メロウで(落ち着いた感じで)レイド・バックした(ゆったりとした)アコースティックなサウンド。

また、ハワイのトロピカルなアルバムなのに「どしゃぶりの雨」のジャケットが印象的です。ハレの日ではなく日常のなかにこそ、幸せや楽しさを見つけて行こうというジャックのメッセージがいいですね。

1stアルバムから、サーフィン音楽というジャンルにとどまることなく、音楽ファン全体のハートをつかみました。

“Flake” では、Gラヴとともにジャックのデビューをサポートしたベン・ハーパー(Ben Harper 米国のグラミー賞アーティスト)がスライドギターで参加。今でもライブで盛り上がる、ファンに人気の1曲です。

“Flake” – Jack Johnson

"Flake" – Jack Johnson

2ndアルバム – On And On(2003)

1stアルバムの大成功によって自らのレーベル「Brushfire Records」を立ち上げます。2nd アルバムはそこからのリリース。前作で多くのファンを獲得したジャックの新作は、リリースされるといきなり全米3位の好スタート。2004年にはフジロックにも出演しました。

本作にはジャックのデビューのきっかけとなったGラヴとの共演曲「Rodeo Clowns」の別バージョンが収録されています。聴きくらべてみると面白いですよ。

“The Horizon Has Been Defeated” – Jack Johnson

"The Horizon Has Been Defeated" – Jack Johnson

Rodeo Clowns

Rodeo Clowns

3rdアルバム – In Between Dreams(2005)

人気がどんどん高まるなか、ジャックはマイペースに音楽制作を続けます。3rdアルバムは全米2位を獲得。ほか、英国、豪州など、英語圏で大ヒットし、世界的な評価を受けます

マンゴーの木とジャックのジャケットがかわいいですね。

「僕たちは一緒にいる方がいいんだよ」と繰り返す素朴なラブソングは、ジャックの優しいボーカルがよく似合います。

Jack Johnson – Better Together

Jack Johnson – Better Together

映画サントラアルバム – Sing-A-Longs and Lullabies for the Film Curious George(2006)

3rdアルバムリリースの翌年には、ジャックの子供も大好きなキャラクター「おさるのジョージ」の映画のサウンドトラックアルバムを手掛けます。サントラとはいえ、内容はジャックの「4thアルバム」と言えるほどの充実作。ゲストにはおなじみのGラヴやベン・ハーパーも名を連ねます。本作は全米1位を獲得し、ジャックの人気はいよいよ不動のものとなりました。

「Upside Down」は、ジャックと「おさるのジョージ」のやりとりが楽しく、ファミリーにも人気のかわいいPVです。

Jack Johnson – Upside Down (Official Video)

Jack Johnson – Upside Down (Official Video)

4thアルバム – Sleep Through The Static(2008)

本作でジャックは、自分の子供たちに想いを馳せ、彼らが大人になるまでに体験する出会いや別れ、喜びや悲しみについて歌っています。これまでに比べると内省的なアルバムです

驚くことに、本作はほとんど宣伝せずに全米1位を獲得。リリースを重ねるごとにジャックは熱いファンを増やし続けています。

「If I Had Eyes」はバンド色が強い1曲。スタジオシーンのPVもいいですね。

Jack Johnson – If I Had Eyes (Official Video)

Jack Johnson – If I Had Eyes (Official Video)

5thアルバム – To The Sea(2010)

内省的な前作から変わって、人生を楽しむポジティブな心意気にあふれた明るいアルバム。エレキギターがやや多め。また、以前からジャックはギターだけでなくいろんな楽器を使っていますが、本作ではレトロな電子楽器(メロトロン)などさらに多くの楽器を使用。アルバム全体にただよう懐かしい安心感に一役買っています。

「You And Your Heart」はジャック自身がサーフィンを楽しむ姿がフィーチャーされていて、海・空・風がとにかく気持ちいいPVです!

Jack Johnson – You And Your Heart (Official Video)

Jack Johnson – You And Your Heart (Official Video)

6thアルバム – From Here To Now To You(2013)

「君を見つけたから僕はすべてを手に入れた」なんてラブソングから始まるこのアルバムもまた、自然体のジャックが楽しめる作品です。前作同様、ポジティブで元気な曲が多いアルバムです。エレキギターは減ってアコースティックへ回帰しています。

メロディーがキャッチーな曲、アップテンポの曲など、全体的に粒揃いなので、1st、2nd、3rdに並んでファンから人気の高いアルバムです。

「I Got You」の冒頭には、ファンには見覚えのある光景が広がります(3rdアルバムの…)。

Jack Johnson – I Got You (Official Video)

Jack Johnson – I Got You (Official Video)

7thアルバム – All The Light Above It Too(2017)

前作同様アコースティック要素が強く、リラックスできる曲が中心です。しかし、これまでと違うことは、環境問題(プラスティックゴミ問題)やトランプ大統領(当時)への反対姿勢を明確にした政治的メッセージが色濃いこと。そのせいか、セールスは過去作に比べると縮小。音楽と政治はデリケートで難しいですね。歌詞を気にしない方はいつものジャック作品として楽しめますよ。

Jack Johnson – You Can’t Control It (Official Audio)

Jack Johnson – You Can’t Control It (Official Audio)

2021年4月、新曲「If Ever」を発表

ハワイ出身の女性アーティスト ポーラ・フンガ(Paula Fuga)の新アルバム「Rain On Sunday」に収録されているジャックとのデュエット曲が発表されました。ハワイアンでピースフルな1曲。2人ともあたたかな歌声でなかなかよい相性。ポーラのアルバムはジャックのレーベルBrushfire Recordsから5月にリリース予定です。

“If Ever” – Paula Fuga with Jack Johnson (featuring Ben Harper) – Lyric Video

"If Ever" – Paula Fuga with Jack Johnson (featuring Ben Harper) – Lyric Video

 

ジャックの住むハワイは、環境問題に加え、コロナ禍によって観光産業が大きなダメージを受けています。ジャックは自ら寄付したり、基金を立ち上げたり、オンラインでチャリティを募ったりして、音楽による社会活動を続けています

Embed from Getty Images

新アルバムの予定はまだ公表されていませんが、楽しみに待つことにしましょう。

今週はこんな感じです。

また会いましょうね。

Embed from Getty Images

 

【祝!50周年】クイーン 日本人が選んだ”公式”人気曲ランキング +必聴曲 全50曲紹介(動画付き)
2019年に公式サイトが実施した約2万件のアンケートに基づいて、クイーン全172曲から40曲をランキング。加えて、ベスト盤収録曲から10曲を厳選。クイーン結成50周年を50曲の名曲たちを聴いてお祝いしましょう!
タイトルとURLをコピーしました