【名盤・名曲】ロックファンも聴いてほしいパンクバンド まとめ(ビギナー歓迎!)

Embed from Getty Images

今日は、パンク・ロックのお話です。

パンク・ロックとは、1970年代後半に米国と英国で流行した、少ないコードで構成されたシンプルでキャッチーなロックで、反体制的なメッセージが込められていることが多い音楽です。

カンタンに言うと、「世の中にうっぷんがたまってる若者が、演奏がヘタッピでもやりたいようにやってみた音楽」です

1960年代後半、英国では、巧みな演奏技術で聴かせるハードロック、高価な機材が必要なプログレッシブ・ロックが盛り上がっていました。また、米国では、精神世界に向かうサイケデリックロックが人気。

しかし、都会では「どれにも共感できない!自分で楽しみたい音楽をやる!」と考える若者たちが、自分の家のガレージ(車庫)でバンド活動をはじめます。

これがパンクの源流となっていきます。

パンクの原型、プロト・パンク

1960年代後半、米国では、自宅のガレージ(車庫)で練習するアマチュアバンド、「ガレージ・ロック」バンドがたくさん生まれました。1964年以降、英国で人気を博したビートルズ、ローリング・ストーンズ、ザ・フーを聴いて、「自分たちでもバンドやりたい!」と刺激を受けた若者たち。

そのガレージ・バンドのなかから、パンク・ロックの原型となる4組の”プロト・パンク”バンドが現れます。

THE VELVET UNDERGROUND – THE VELVET UNDERGROUND & NICO(1967)

The Velvet Underground, Nico – Sunday Morning

The Velvet Underground, Nico – Sunday Morning

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドは、米国ニューヨーク出身で、中心人物はルー・リード。文学的な歌詞と実験的なサウンドで、アート・ロックとも呼ばれました。同性愛やSMなどの性におけるタブーを扱い、「タブー」を避けずに問題提起する姿勢は、のちのパンク精神に影響を与えました。

THE STOOGES – THE STOOGES(1969)

The Stooges – I wanna be your dog (1969)

The Stooges – I wanna be your dog (1969)

ザ・ストゥージズは、「ゴッドファーザー・オブ・パンク」と呼ばれるイギー・ポップが在籍した米国デトロイトのバンド。イギーは注目を集めるために、ステージにダイブしたり、ステージ上にガラスをまいて転がったりと、過激なライブパフォーマンスが話題を呼びました。

MC5 – KICK OUT THE JAMS(1969)

MC5- Kick Out The Jams (Extended)

MC5- Kick Out The Jams (Extended)

MC5は米国デトロイト出身。同郷のザ・ストゥージズと仲が良く、兄弟バンド的な存在です。汚い言葉をステージ上で叫んだり、政治的な扇動発言を繰り返したりと、攻撃的なライブパフォーマンスが若者の共感を集めました。

NEWYORK DOLLS – NEWYORK DOLLS(1973)

New York Dolls – Personality Crisis

New York Dolls – Personality Crisis

ニューヨーク・ドールズは、ニューヨーク・パンクの原点的なバンド。音楽性はグラム・ロックに近いですが、ケバケバしく奇抜なファッションやメイクが、パンクに影響を及ぼしました。

実は、ニューヨーク・ドールズの2ndアルバム時のマネージャー、マルコム・マクラレンが、のちにロンドン・パンクとセックス・ピストルズの仕掛け人となる重要人物なんです。

Embed from Getty Images

ラモーンズが登場! ニューヨーク・パンクとともにパンク・ロックが産声をあげます

RAMONES – THE RAMONES(1976 )

Ramones-Blitzkrieg Bop

Ramones-Blitzkrieg Bop

ラモーンズは、ビートルズやビーチボーイズの影響を受けたキャッチーな曲が多く、コードは3〜4つのみのシンプルな曲。シンプルでキャッチーな曲調は、後進のパンクバンドに大きな影響を与えます。

ラモーンズのほかにも、ニューヨークではさまざまなアーティストが人気を博し、ムーブメントになっていきます。ニューヨークのダウンタウンにあったライブハウス「CBGB」がその拠点でした。

PATTI SMITH GROUP

Patti Smith Group – Because the Night (Official Audio)

TELEVISION

Marquee Moon

DEAD BOYS

DEAD BOYS – Sonic reducer

セックス・ピストルズが登場! ロンドン・パンクが盛り上がり、パンク・ロック時代が花開きます!

Embed from Getty Images
ニューヨーク・ドールズのマネージャーを務めていたマルコム・マクラレンが、ニューヨーク・ドールズ解散後、英国に戻り、恋人のファッションデザイナー ヴィヴィアン・ウェストウッドと仕掛けた新バンドが、セックス・ピストルズ。

ブティック「セックス」(店名)の従業員と常連客だった不良少年たちで結成。反体制的な歌詞と斬新なファッションはすぐに世間の話題となり、注目を集めます。

しかし、あまりにメンバーの素行が悪く、デビューアルバム1枚で解散…。

SEX PISTOLS – NEVER MIND THE BOLLOCKS(1977)

Sex Pistols – God Save The Queen

Sex Pistols – God Save The Queen

Sex Pistols – Holidays In The Sun

Sex Pistols – Holidays In The Sun

Sex Pistols – Pretty Vacant

Sex Pistols – Pretty Vacant

Sex Pistols – No Feelings

SEX PISTOLS – NO FEELINGS

セックス・ピストルズの米国進出は失敗に終わります。しかし、ほかのロンドン・パンクのバンドたちは、米国で成功をおさめます。

THE CLASH

The Clash – Rock the Casbah (Official Video)

THE DAMMED

The Damned – New Rose

THE JAM

The Jam – In The City

1978年にセックス・ピストルズが解散すると、ロンドン・パンク自体はあっさり終焉を迎えます。

その後、英国ではパンクからポスト・パンク/ニュー・ウェイヴへ変化。

80年代にはさらに攻撃的なハードコア・パンクが生まれ、90年代にはグランジというカタチでパンク・ロックが復権。

パンク・ロックは、次世代のバンドによってカタチを変えながら、現在まで受け継がれていきます。

いかがでしたか。

今日は、ロックファンに聴いてほしいパンクバンドのご紹介でした。

また会いましょうね。

グリーン・デイ、PVのYouTube再生回数ランキング BEST10 & 曲解説
グリーン・デイの人気曲をYouTubeの再生回数でランキング。なんと1位は「Dookie」からではなくあの曲!ぜひチェックしてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました