ジョン・サイクス、悲運のギターヒーローの名盤・名曲を振り返る

Embed from Getty Images

ジョン・サイクス。1959年生まれ。イングランド出身のハードロックギタリスト。

卓越したギターテクニック、伝統的なブリティッシュハードロックをベースにした多彩な作曲力…そして、ブロンドヘアーが輝く高貴なルックス…あぁ美しい…。

Embed from Getty Images

その圧倒的な魅力から熱狂的なファンを持つジョンですが、最後のオリジナルアルバムのリリースからなんと21年もの月日が流れてしまいました。

しかし!!!

2021年元日と7月5日。21年ぶりの新曲、2曲が発表されました‼︎

ついにジョンが始動します!

新曲についてはこちら。

【特報 7/5】ジョン・サイクスついに始動!新たに2曲のMV公開
21年ぶりの新曲「Dawning Of A Brand New Day」を記念して、ジョン・サイクスの魅力を徹底解説!

Embed from Getty Images

この記事では、2021年のジョンの本格的な始動を願って、彼の1980年のデビューから今日までのジョンの数々の名盤・名曲と、数奇なキャリアをご紹介します!

行きましょう!

  1. 10代のジョンはギターだけが友達。しかし、ギターで友達ができる
  2. テレビでゲイリー・ムーアのプレイを見て感動!
  3. 駆け出しバンドのセカンドギタリストとしてデビュー
  4. タイガース・オブ・パンタンの脱退理由は、米国でオジー・バンドに加入するため。しかし…
  5. ソロ曲での共作相手はジョンが憧れていたシン・リジー率いるフィル・ライノット。2人は運命的な出会いを果たします
  6. ジョンとフィルは意気投合。フィルは才能あふれるジョンをたいそうかわいがり、シン・リジーのギタリストに迎えます
  7. 希望に燃えるジョンの気持ちを知りつつも、フィルはシン・リジーの解散を突如宣言します
  8. ジョンは誘いを受け、デイヴィッド・カヴァディール率いる英国バンド ホワイトスネイクに加入します
  9. 師であり、兄であり、心の支えであったフィル・ライノットが他界。フィルとの死別にジョンは心に大きな痛手を負います
  10. 翌1月に「Whitesnake(サーペンス・アルバス)」が完成すると、デイヴィッド・カヴァディールは、自分以外のメンバー全員を解雇
  11. 復讐に燃えるジョンは、自らのバンド、ブルー・マーダー結成
  12. ブリティッシュハードロックにアメリカンテイストも加わった新生ブルー・マーダー。2ndも必聴のカッコよさ
  13. 2ndアルバム以降、バンド名義を辞め、ソロ名義”サイクス”でキャリアを重ねます
  14. 2021年、ついに活動開始です!

10代のジョンはギターだけが友達。しかし、ギターで友達ができる

1959年(ジョン 0歳)
英国レディングにジョン・ジェイムズ・サイクス(以下ジョン)として誕生。
レディングといえば、野外ロックフェスが行われる英国ロックの聖地ですね。

1973年(14歳)
ジョンの父親が、スペインのリゾート地、イビザ島のディスコを購入・経営するため、ジョンは父親と伯父と移住します(お父さんは事業家)。

1974年(15〜17歳)
ギターを弾くエリック・クラプトン好きな叔父の影響から、ジョンはギターを始めます。

ジョンは、スペイン イビザ島の学校に馴染めず退学。辞めてヒマなのに、スペイン語が全然話せないために友達ができず、1人孤独にギターの練習に没頭します。

しかし、練習でウデを上げると、現地でギターを通じて次第に友達ができ、サイケデリック・ロックやブルース・ロックをジャムりまくる日々を過ごします。

1977年(18歳)
ジョンは、お父さんの仕事の都合で、再び英国に戻ります。そして、ギターとはまったく関係ない、建築の仕事を始めます。

大好きな彼女と同棲を始めると、彼女から「ギターは辞めて」と頼まれて、素直にギターを辞めちゃうジョン…そして約2年もギターに指一本触れないジョン…。

しかし!

テレビでゲイリー・ムーアのプレイを見て感動!

ジョンが実際に見たテレビ番組はこれ!(これが今観られるYouTubeがすごすぎ!)。

Colosseum II (With Gary Moore) – Sight And Sound, London – Live (1977)

ジョンは、高速でギターインストを弾きまくるゲイリー・ムーアに衝撃を受けます。
翌日すぐにギターを買ってきて復帰!レコードも買い漁って本気の猛特訓!
“ギター嫌い”の彼女とはお別れしてしまうんですが…。

ここからジョンのギタリストとしてのキャリアがスタートします。

駆け出しバンドのセカンドギタリストとしてデビュー

1980年(21歳)

英国の新人ヘヴィメタルバンド(NWOBHM)、タイガース・オブ・パンタンのセカンドギタリストとして加入します。

ジョンは、”セカンド”ギタリストにもかかわらず、お構いなしにギターを弾きまくります。ジョンのプレイは、バンドをレベルアップさせ、自身も若き新人ギタリストとして大きな注目を集めますが、バンドはヒットに恵まれず極貧生活。不遇な下積み時代を過ごします。

Tygers Of Pan Tang – Love Potion No.9 (Official Video 1982) 

1982年(23歳)
タイガース・オブ・パンタンを脱退。ギタリストとしてさらなる飛躍を目指します。

タイガース・オブ・パンタンの脱退理由は、米国でオジー・バンドに加入するため。しかし…

Embed from Getty Images

同年3月に飛行機事故でギタリスト ランディ・ローズを失ったオジー・オズボーンは、後任ギタリスト候補としてジョンを呼びました。

しかし、ジョンが米国に着いてみると、後任ギタリストはすでにブラッド・ギルス(ナイトレンジャー)に決まっており、まさかの門前払い。ジョンは、厳しい音楽ビジネスの洗礼を受けます。失意のなか、英国への帰路へつきます。

帰国後ジョンは腐らずに改めて奮起。
さまざまなアーティストとのセッションを精力的に繰り返し、MCAとソロ契約を結びます。

ソロ曲での共作相手はジョンが憧れていたシン・リジー率いるフィル・ライノット。2人は運命的な出会いを果たします

1982年(23歳)

タイガース・オブ・パンタンで躍動する新人ジョンに以前から注目していたMCAは、ジョンにソロシングルの制作を持ちかけます。

これを快諾したジョンは、かねてから憧れの存在だったシン・リジーを率いるフィル・ライノットとの共演を希望します。そして、タイガース・オブ・パンタン時代のプロデューサ、クリス・タンガリーディスの紹介でフィルとの共演が実現します。

ソロ曲との名目ですが、実際はジョンとフィルの”共作”となった「Please Don’t Leave Me」は、切なく繰り返されるギターリフレインが印象的なバラード。随所にジョンが敬愛するゲイリー・ムーアの影響を感じる名曲です。

Phil Lynott John Sykes Please Don’t Leave Me Full Version

ジョンとフィルは意気投合。フィルは才能あふれるジョンをたいそうかわいがり、シン・リジーのギタリストに迎えます

1983年(24歳)
シン・リジーに加入!

Embed from Getty Images

しかし、

希望に燃えるジョンの気持ちを知りつつも、フィルはシン・リジーの解散を突如宣言します

フィルは、シン・リジーとして最後のアルバムを出し、ラストツアーのあとバンドを解散する計画を明らかにします。ドラッグがバンド全体をむしばみ、活動の継続が困難になっていました。

ジョンが加入し、大きな貢献を果たしたアルバム「Thunder And Lightning」は、ハードロック史に輝く名作となりました。特に名曲「Cold Sweat」は、ジョンが書いたリフからバンドがジャムって、1時間で書き上げた曲です。

THIN LIZZY – Cold Sweat- LIVE

奇しくもジョン生誕の地、英国レディングでのフェスティバル出演を最後に、8月、シン・リジーは計画通り、ファンに惜しまれつつ正式に解散します。

ジョンは誘いを受け、デイヴィッド・カヴァディール率いる英国バンド ホワイトスネイクに加入します

1984年(25歳)
ホワイトスネイクに加入!

Embed from Getty Images

デイヴィッド・カヴァディールは、すでに完成していたアルバム「Slide It In」を米国で売るため、ジョンの若々しいギターで再録音します。

アルバムは見事ヒット。ジョンはホワイトスネイクの米国での成功に貢献、ツアーも大盛況です。

Whitesnake – Slow an’ Easy (Official Music Video)

Whitesnake – “Crying In The Rain” (Live 1984) 

1985年(26歳)
ホワイトスネイクは、ジョンの影響によって、ブルースロックバンドからハードロックバンドへと変貌していき、後にリリースされる名盤「Whitesnake(サーペンス・アルバス)」への流れができつつありました。

Whitesnake – Slide It In – Rock in Rio 1985

この映像は、のべ1300万人を動員した「ロック・イン・リオ」のライブ。デイヴィッド・カヴァディール、ジョン・サイクス、ニール・マーレイ、コージー・パウエルの4人は、ホワイトスネイク最強のラインナップ。すべてが順調に進んでいたはずでした。

Embed from Getty Images

1986年(27歳)

師であり、兄であり、心の支えであったフィル・ライノットが他界。フィルとの死別にジョンは心に大きな痛手を負います

Embed from Getty Images

新アルバム「Whitesnake(サーペンス・アルバス)」の制作にすでに着手していましたが、フィルの死を悼むため、ジョンは英国に一時的に帰国します。レコーディングは大幅に遅れますが、年内にはほぼ完成。

しかし、この空白期間のあいだに、デイヴィッド・カヴァディールはある企みを考えはじめます。裏切りの企みを…。

1987年(28歳)

翌1月に「Whitesnake(サーペンス・アルバス)」が完成すると、デイヴィッド・カヴァディールは、自分以外のメンバー全員を解雇

フィル他界の心の傷がまだ癒えていないなか、ジョンはデイヴィッド・カヴァディールからひどい裏切りに遭います…突然の解雇通告です。

ジョンはまだレコーディングスタジオに居るデイヴィッド・カヴァディールに解雇の理由を問いただすため車で駆けつけ殴り込みますが、デイヴィッド・カヴァディールは気配を察して裏口から逃げました。

「卑怯者!」。それ以来、現在に至るまで2人は会っておらず、ジョンは「デイヴィッド・カヴァディールを決して許すことはない」と何度もインタビューで答えていますね。

一方、「Whitesnake(サーペンス・アルバス)」は空前の大ヒット…。

Whitesnake – Still of the Night (Official Music Video)

しかし、このMVにジョンの姿はありません。このMVもこのMVも…。

Whitesnake – Is This Love (Official Music Video)

Whitesnake – Give Me All Your Love (Official Music Video)

復讐に燃えるジョンは、自らのバンド、ブルー・マーダー結成

「サーペンス・アルバスを作ったのは俺だ!その証拠にこれを聴け!」

そう言わんとばかり、「Whitesnake(サーペンス・アルバス)」の世界観を踏襲しつつ、さらに壮大にスケールアップしたハードロック史上屈指の名盤「Blue Murder」を作り上げました。ジョンは初めて自らボーカルをとっています。

1989年(30歳)

ブルー・マーダーは最強のトリオバンド。トニー・フランクリンのフレットレスベースと、カーマイン・アピスのハードアタックなドラムが冴え渡ります。

Embed from Getty Images

3人のダイナミックなパフォーマンスが観られるライブ映像がこちら。

Blue Murder Billy on the Big AL Show

エジプトをテーマにした壮大な曲。ブルー・マーダーならではの大作曲。

Blue Murder – Valley Of The Kings

アコースティックギターの小気味良いリフが気持ちいい曲。スケール感のある後半の展開もグッドです。

Blue Murder – Jelly Roll

ブリティッシュハードロックにアメリカンテイストも加わった新生ブルー・マーダー。2ndも必聴のカッコよさ

ホワイトスネイクの解雇劇のトラウマが残るジョンは、自らがコントロールできるバンドかソロ活動に集中していきます。

1993年(34歳)

前作「Blue Murder」はブリティッシュハードロック アルバムとして高い完成度だったものの、セールスが奮わなかったことから、2ndでは英国色に加えて、ポジティブでアグレッシブなアメリカンテイストを加えたハードロック を作っていきます。そして、名盤「Nothing But Trouble」を完成させます。

オープニングを飾るこの曲は、かつて在籍したシン・リジーを彷彿とさせる攻撃的なナンバー。キャッチーなギターリフ、ハイテンションなギターソロ、情感たっぷりのボーカルと、ジョンの魅力が詰まった1曲です。

Blue Murder – We All Fall Down

アコースティックギターで奏でるバラード。横浜でのインストアライブの模様です。

Blue Murder(John Sykes) – She Knows

1994年(35歳)

日本公演を収録したライブ盤「Screaming Blue Murder」をリリース。

Blue Murder – Screaming Blue Murder: Dedicated to Phil Lynott

2ndアルバム以降、バンド名義を辞め、ソロ名義”サイクス”でキャリアを重ねます

1995年(36歳)

3rdアルバム「Out Of My Tree」。バラエティ豊かな楽曲が収録されていて、「I Don’t Wanna〜」はジョンとしては意外なパンキッシュなナンバー。ライブで大いに盛り上がる1曲です。

Sykes – I Don’t Wanna Live My Life Like You

1997年(38歳)

ウェットなラブバラードもジョンの得意分野。4thアルバム「Loveland」は、「Please Don’t Leave Me」の流れを汲む新曲を収録したバラード・アルバム。

John Sykes – Everything I Need

5thアルバム「20th Century」は、ライブ映えするノリ重視のポジティブな曲でまとめられたハードロックアルバム。

Cautionary Warning

 

2000年(41歳)

5thアルバム「Nuclear Cowboy」はファンの間でも賛否が分かれている問題作。デジタルビートを大胆に取り入れたジョンの新機軸。当時人気を博していたリンプ・ビズキットやヒップホップの影響を受けたとジョン自身がインタビューで答えています。

★★★ John Sykes – “We Will” (2/12) | Nuclear Cowboy (2000) ★★★

本作が現時点でのジョンの最新のスタジオアルバムです。
このアルバムから21年間、新曲を発表していませんでした。

2004年(45歳)

直近のアルバムという意味では、このライブアルバム「Bad Boy Live !」が最新です。
ホワイトスネイクからの解雇以来、ホワイトスネイクの曲を音源として発表するのは本作が初めてでした。ジョンがプレイするホワイトスネイクの曲「Bad Boys」は幻のライブとして格別です。

★★★ John Sykes – “Bad Boys” (Live 2004) | John Sykes Bad Boys Live! ★★★

2021年、ついに活動開始です!

2004年のライブ盤のリリース以降、信頼していたマネージャーとの死別、レコード会社・マネジメント会社への不信、ジョン自身の深刻な交通事故など、さまざまな理由で沈黙状態が続いていました。

しかしようやく、新アルバムはすでに完成していて、あとはリリースを待つばかり。

先行して2曲のMVが発表されています!

John Sykes – OUT ALIVE

John Sykes – DAWNING OF A BRAND NEW DAY

いかがだったでしょうか。

以上、ジョン・サイクスの名盤・名曲と、ジョンの数奇なキャリアを振り返りました。

ジョンの新たなスタートに期待しましょうね!

Embed from Getty Images

また会いましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました